プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占星術士
そういえば、こいつを書くのを忘れていた。。。




先日、その道では知る人ぞ知るといわれる占い師の方に
見てもらう機会がありました。
ウチの親父が、知人でなおかつ客で、噂で聞くには「バンバンあたる!」
と聞いていて、自分も人生の節目だし、興味もあるし。
てことで、見てもらうことにしたわけです。



で、早速その結果ですが、
まず最初は仕事のことに関して話しました。



「あなた仕事辞めたいと思ってるでしょ?」


どごーん!!
66538のダメージ。
大島は、息絶えた。


イキナリ容赦ないw
確かにそんときゃちょっと落ち込み気味でしたけど、
そう面と向かっていわれちゃうと、生きにくいよなぁ。。。


で、解決策としては、絶対辞めるな、と。

あんたは大人数の中じゃないと活躍しない!
少数内で生活するとホントに孤立するよ、と
脅され念を押されたので、とりあえず、頑張ろうと思います。



それから、大注目の恋愛編。


なんと今年の9月に波が来るそうです!!
ついに、ついに、生まれてこの方モテずにきた、苦節の20数年!!

桜満開、花びら回転を手に入れるチャンスが、
訪れるそうです。



ただし、占いの方がいうには、実は僕はモテていたという
結論が抽出されてきました。
曰く「君が気づかなかっただけじゃないの」とのこと。


ん~、言われてみればそんな気がしなくもないのが不思議。
あれほど胸を張ってモテないと豪語していたくせに、
なんという掌返し。


というにも、これには自信のなさすぎる僕が、
問題なんですよね。

たとえば、電車の中でも
「(今あっちで女子高生が笑った。もしかして服、変か?)」
ってしょっちゅう思うし、車中でよく目が合う人に対しても
「(俺の子と好きなんじゃない?)」
から
「(俺、ストーカーって思われるかも)」
っていう思考回路が、早熟すぎる段階で
出来上がってしまいましたからね。



確かに、恋愛に関してはオクテ中のオクテですよ。


まぁ、そんな僕だからこそ唯一不安なのが、
9月のチャンスをまた棒に振りそうな予感が
ビンビンすんですよねw
わかっているのにできない!!
恋愛とは本当に難しいものです。





というわけで、主だったところを発表しましたが、
いかがだったでしょうか?

信じる信じないは個人の主観次第ですが、
僕自身はというと、半々ですね。

言われたことは割と誰しもに該当することでも
あると思うので、丸呑みにはしてません。
ただ、先の見通しがあることで自分は安定できるんで、
そういう意味では有意義でしたね。

とまぁ、トコトン受身な僕でした、とさ。
スポンサーサイト
Animelo Summer Live2007 Gneration-A
タイカナサチーーー!!
でーへんのかーーいい!!

俺の夏、終わった。。。_| ̄|○




ホント出ないんだね(泣
今年のアニメロの僕の大本命(予定)だったのに、、、。
樹海出るんなら、確実に出ると思ったんだけどなぁ。。。


くそぅ!!
これじゃあ、出張をずらしてもらった意味がないじゃないか!!




もう大暴言です。

えぇ、ずらして貰いましたよ。
予定あるとか何とかいって、新人研修の出張予定を
ススッとね。

完全なる公私混同ですよ。


それもこれも7.7の希望があったからこそなのに。。。



くそぅ!!
dwa○goめ、空気読んどけ!!
new typeにも好きなアーティスト第3位に入ってたろうが!!



まぁ、さ。
別にいいっちゃいいんだけど。

最初に発表されたメンバーが良すぎたせいか、
ぶっちゃけ尻つぼみなんだよねぇ。

うん。
suaraも樹海もみのりんも、悪くないんだけど、
ちょっと違うんだよなぁ。



で、つい最近おそらく最後であろう追加出演の発表が
ありましたが、それが平野綾。
トレンドだし世間的には、オォー!!なんでしょうけど、
僕的には、上と同じくちょっと違うトコなんですよね。

そして、僕はみのりんの方が好きですしね。




くそう!
ge○○onのバカヤロー!!
タイナカサチさんを出せ~~!!!





こうなったら、超最近のトレンド使っちゃうぞ!!


まったく、
















がっかりだよ!!!


ドイツ旅行記<フットボール編>
ども。
世界一の男前。
大島です。
こんにちは。

あまりの男前っぷりに、逆に今までモテませんでしたね。
美しすぎるのは、罪なものです。


-------------------------

さてさて。
書くのが久しぶりなもんで、どんな風に前書きを書いていたか、
忘れてしまいましたが、こんなんでしたっけ?

そんなことはさておき。。


ドイツ旅行記<フットボール編>です。

帰国してから既に1ヶ月半経っているという時点で、
必ずしもタイムリーとは言い難くなってきてはいますが、
これ目的で行ってきた部分もあるので、報告致します。


最初に見たのは、フランクフルトの試合。
天下のバイエルンと、スシボンバー所属のフランクフルトの
試合ということで、日本人の方も数多く見かけました。

当初の予定では、スタジアムの収容人数が5万人超あるので、
チケット余ってんじゃないかなぁと思っていたのですが、
甘かったですね。
当日券どころかダフ屋すらいねぇ!!


とりあえず、チケットなきゃなんも始まらないので、
初日からダフ屋を探しました。

ただ、この日はダフ屋もかなり少数だったらしく、
普通に立ってるだけじゃ声すら掛けてもらえない状態。
なので仕方なく、紙に『Ein Karte kaufen』と書いてから
30分程度粘ったところで、ようやくチケット入手しました。


試合は、終始フランクフルトペース。
特に前半は、高原のチャンスメイクが光っていて
隣にいた知らんおっさんにも、『タカ、グッド!』
とかって、何回か声を掛けられましたよw

でも、そんな風に言ってもらえるのって結構気分いいですよね。
日独で小さな連帯感が生まれた感じで。
ただ、点が決めた時にしつこく『Taka Yeahhh!!』みたいなんで、
絡んでくるのはやめて欲しいっすね。
だって、決めたの高原じゃないんだもん。


結局、後半にバイシクルシュートを決めたフランクフルトが
全体的に覇気の感じられないバイエルンを完封し、勝利を収めました。
初めてバイシクルが決まるのを見ましたよ。


以下、その時の写真です。

●キックオフ前
20070505123802.jpg


●後半ロスタイムのコーナーキックに参加するカーン
20070505123734.jpg




続いてその翌日。
レバークーゼンとBMGの試合です。

予想では、こっちこそダフ屋頼みになるんだろうなぁ(バイアレナは
収容人数が2万ちょっとしかないから)と、思ってたんですが、
なんと当日券あり!
労せず入ることが出来ました。
んで席に向かう途中、自分と同じく一人の日本人の方と
意気投合し、二人で観戦しました。

彼は語学留学でケルンに来ているらしく、丁度明日帰る予定なので、
記念も兼ねて来たとのこと。
これもまた結構な巡りあわせですよね。
『めぐりあい宇宙』ですよね。


試合は、終盤までは低調なゲームだったんですが、
徐々に押し込んでいったホームの愛するレバークーゼンが、
ヴォロニンの劇的ゴールにより1-0で勝利を収めました。



以下、同じく写真。

●バイアレナ

20070505123648.jpg


●勝利後、サポーターに挨拶するシュナイダー他

20070505123617.jpg




とまぁ、観戦はこんな感じでした。


その他にも、一つすごくラッキーだったことがありましたよ!

実は、知り合った日本人の方に選手の出入り口まで
連れて行ってもらいサインを貰ってきました!

貰ったのは、

○マルコ・バビッチ
○シュテファン・キースリンク
○シモン・ロルフェス
○オリバー・ノイビル大帝

の4選手のサインです。


ちょっと、マイナーですよね。
ほとんどの方は、大帝がわかるかわからないか程度ではないでしょうか?

もちろん、僕はメチャ嬉しかったですよ。
額縁にいれて部屋に飾ってますし、もう家宝ですね。


下がその写真です。

●右上からバビッチ、ロルフェス、キースリンクで、左下がノイビル
P5050126.jpg





ということで、ドイツ旅行記<フットボール編>。
おしまいですq(´∀`)p

ジム
先に言うときます。
期待はずれでごめんなさい。
今回はGMではなく、GYMの話でふ。

だから話の中に、ジムもジムⅡもジムⅢもジムカスタムも
ジムスナイパーもジムコマンドもアクアジムも
陸戦型ジムも寒冷地用ジムもジム改も出て来ません。
もちろんジムクゥエルも出て来ません。

全国の1000万人のジム好きのみなさん。
申し訳ありません。
僕は量産型にそこまで入れ込まないタチなんです。。。



さて、こんな話ばかりしていると本当にGMの話になってしまうので
話したい本線に戻します。
実は最近になってジム通いを始めることにしました。

いきさつは至って運命的でした。
不肖、ワタクシ、生を受けてから今までガリとしてまっとうな人生を
歩んできました。
そして、これからもガリとして一生を過ごすと思っていたところに
大いなる魔の手が忍び寄ったのです。

自分は、大学での授業も粗方取り終え、バイトもしておらず、
卒論以外はほぼ限りなくニートに近い生活を送っておりました。
しかし、最近のその私のテイタラクっぷりに業を煮やした、
猛者・みさえ(母親)の怒りが爆発。
「金を多少工面してやるから外に出ろ!」の雷のもと、大島の大冒険が始まるのであった。


こんな感じです。

まぁ、いうほど激怒はしてなかったですけど、
長きに渡ってチクチクと言われ続けてたので、社会人にもなるし多少身体作りでもしておいた方がいいんではないかと思い、始めたわけです。


で、始めてまず、一番ビックリしたのが、

俺、筋力ないね~♪

なコトでした。

ホントは♪じゃすまないくらいなかったんですけどね♪
どれくらいなかったかっていうと、初回についてくれたトレーナーの人が女の人だったんで、試しにその人と同じ重さのウェイトトレーニングをしたんですが、おもくそ、手、プルプルしてましたからね(笑
さらに運動神経及び体力にはそれなりの自信があったので、
大丈夫大丈夫~、
って油断してたら、体力もおもくそ30代でしたね。

これはふつ~にショックでしたよ。
脳に続いて、体力まで、老いているとは、、、_| ̄|○



まぁ、とりあえず、友人曰く、私の寿命は2007年だと言われたんで、
頑張って、運動して、2008年まで生きよう。
これが、僕のジムの目標になりました。



そいで、今が大体1ヶ月目くらいでしょうか。
週に2,3回、筋肉痛と戦いながら通ってるワケなんですが、
これが結構楽しいのです。
メニューとしては、まず自転車で代謝を上げてから筋トレして、
最後に走るという感じ。
単純なんですけど、なんか楽しいんですよね。


ただ、そこであさはかなのが僕。
長らく運動してないくせに楽しさにかまけて、
週に3回も50分間ルームランナーで走り続けたせいか、
最近、膝痛がするようになってきまして、、、。
情けないやら、行くのがおっくうになるやらで、、、。


でも、膝痛を覚えるようになって一個だけ得したことがあります!!
それは、武藤敬司のモノマネが出来るようになりました!!


、、、。
需要がないねぇ( -_-)


まぁ、とにかく、ガリマッチョ目指して、Let's traininig!!






今週のつぶやくとニヤッとする言葉コーナー。
「毛利名人」





↓押ーせおせおせおせおせ湘北。
でも、僕は翔陽が好きです。



青ジャケと赤ジャケ。
ども。
結構長いこと付き合ってる友人のブログのプロフィール及び日記に

「今、大好きな人と一緒に住んでます」
「明日、彼女が旅行先から帰ってきます。淋しいよぅ(うるうる)」

的なコトが書いてありました。


非常にさぶかったです。
正直、気持ち悪いと思いました。

しかも、普段はだら~っとしていて、そんな『愛の伝道師』的なもんを微塵も感じない人だったんで、5割増で気持ち悪かったです。


寂しいとか、知るかっ!!
むしろ淋しい病気になってしまえ!!

思いました。



こういう悪態をつくことによって、僕はどんどん友人をなくしていくんだろうなぁ。。








うし。
テーマ変わりまして、タイトルの話題へ。

タイトルから察した方もある程度いらっしゃるかもしれませんが、今回はルパン三世の話。
ビートルズだと予想した方は残念ながら間違い。


タイトルからわからない方向けに補足しますと、ルパン三世には
二つのコスチュームがあって、それが青(緑)と赤というわけ。
一般的、圧倒的に知られているのは赤が多いかと思いますが、
元祖が青なんですね。


ほいで、なんでこんな話をするのかといいますと、
私の周りにはフリークとまでは言わないものの、それなりにルパンを語らせたらうるさい人が何人かおりまして、その方たちのうち、結構な割合が青ジャケしか認めない派がいるんですね。

で、かくいう僕はといいますと、赤の記憶はあれども青の記憶は薄い。
というわけで、見比べてみることにしたのです。


なので、今回はその発表ということです。




それでは、早速発表いたしましょうかね。


作品は順を追って見たので、青から赤の順番で見ました。
正直両方を見比べるまでは、

「みんななんか“通”っぽく気取っちゃってるけど、そんなに違うもんなのかい?」

と疑心暗鬼でした。


が!!
青をすべて見終えた後に赤の第一話を見て、思わず口走った言葉。


うわっ、なにコレ!!
ひどっッツ!!


お得意の語尾、柴田亜美風ですよ。

こんなにも違うもんなんですね。
びっくりしました。
前言撤回。
通気取るとかじゃなくて、ホントに全然違いますね。


具体的にはまずスポットのライトの当て方が違うかな。

青時代は言っても主人公はやっぱりルパン。
でも、赤になると必ずしもそうじゃない感じがしますね。

それからルパン一味も全然違う。
初期の頃は、正確に言えばおそらく次元だけが一味でしかもルパンの相棒ではなく、形式上は手下みたいな感じかな?
五右衛門はライバルだし、不二子は単独のことが多かった気がします。

逆に赤になると、常に四人行動が普通で、ルパン一味=四人のみっていう感じ。
それから、ルパンと不二子の結びつきも濃くて、青時代のどこか一匹狼を漂わせていたルパンと、ちょとギャップがありますね。


ほいで、一番ひどいと思ったのが、銭形ね。
青から赤に移って一番違和感を感じたのがこの人。
まず、顔が全然違う。
そして、性格も全然違う。

なんてーか、青の頃の銭形だったら

「ルパンめ!とんでもないものを盗みおった。」
「あの方は何も盗んではいません。私を助けてくれました。」
「いえ、盗みました。・・・・・あなたの心です。」
「・・・はい!」
                (ルパン三世 カリオストロの城より抜粋)

この魅力!
実際に、言いそうな気がしますもん。

ちなみに、カリオストロは青ジャケですね。
この時代には、おそらくすでに赤ジャケがあったと思うので、
ある程度宮崎駿が考慮した可能性もありますが、、、


それに比べて、赤ジャケの銭形はびっくりですよ。
そんな気がしないだけならまだ許容範囲どころか全然問題ないはずなんですが、
実際にはとにかくウザいんですよ!

それもちょっとやそっとじゃなくて、びっくりするぐらいウザいんですよw。
青時代は好きだったんですけど、赤は三話見てすぐ思いましたからね。

具体的にはあまりに「ルパン!ルパン!」し過ぎてて、腹が立つ。
それから、情けがなくなりましたよね。
これが銭形失墜のでっかい要因ではないでしょうか?


これは青ジャケ派が増えるのもしかたない(´・ω・`)




その他にもいろいろ気付く点もありましたが、大きいところはざっと
こんな感じかと思います。

で、かくいう私もちょっぴり青ジャケ派になったかもしれません。
まぁ、赤も嫌いと言うわけではないですが、、、。



というわけでいかがだったでしょうか?

最後に今日のつぶやくだけでちょっと面白い言葉コーナー!


「ジョン・健・ヌッツォ」


また来週~ノシ





押せば命の泉沸く!
↓ベタだけど、おそらくみんな知らんね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。