プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やべっちポーカーフェイス
こんばんは。
小林克也です。



やべっちひとみちゃん、破局しちゃいましたね。

オールナイトニッポンリスナー歴7年の自分としては、
まさかプロポーズ失敗ということで、、、。
よくネタにもなっていたんで他人事とはいえ、
残念ですね。




休み中。
その記者会見をネットで見たんですが、
相変わらず梨本勝はムカつきますね。

もちろんメディア全体として良くないってことですけど、
あのおっさんは、鼻のイボと相まって2倍腹立ちますわ。
もう高見山ですよ。




で、とっといた先週のオールナイトニッポンを
聞いてみたんですが、いい放送になってましたねぇ。
「なってましたねぇ」って言ったところで
「しらんがな」なんでしょうけど、若干、矢部浩之元気なかったですね。


まぁ、ホレたハレたはよくあることなんでしょうけど、
まぁ、僕にはまったくそんなことないんですけど、

とりあえず、ひとみちゃんには早く幸せになってもらいたいですね。

スポンサーサイト
印象
ども。

今日は、ザギンでまいうーなシースーをちゃんネーと食べに行ってきたぜ。
キャメラがローリンググローリングしてる間もずっとちゃんネーを誘ってたんで向こうもちょっと根負けってヤツでね。
連れ込んでやりましたよ。
店ではケーサーを大量に飲んでたんで、そのままちゃんネーとテルホでインベッヅしようと思ったら、ちゃんネーがドメスティックにくるわけよ。
30分くらい粘ったあげく、ドロンされちまった。
まったく、誰か俺と一緒にトゥギャザーして欲しいぜ!!


ルー大柴は、湯浅と同じくらい面白い。
持論で行きます、大島です。


------------------------


さて、人にはそれぞれの印象というものがあります。
ただ、その印象も仕事・家庭・友人など対象と立場によって変わるものなのではないでしょうか。

もちろん、私にもいろんな印象があると思います。
バイト先・中学時代の友人・高校の友人などなど、その場所場所での自分の役割ってモノがありますから、やっぱり印象も変わりますよね。


ただし、一つだけ変わらない部分があるんですよね。
それは、性格を陽ではなく陰サイドに捉えられること。

例を出していきましょう。


えろい× むっつり○
合理的× 計算高い○
あっさり× さっぱり○
状況判断が良い× 腹黒い○
妻夫木聡× 小池徹平× オダギリジョー×
ルー大柴○ 湯浅卓○ 田中康夫前長野県知事○


などなど。


“一例”です。
ヒドイですよね。
友達のカケラとも思えぬ発言ですよね?

だから、あんま協調性を感じる面で褒めてもらった覚えがないですよ。
逆に「お前は放っておいてもなんとかするから」的な、一匹狼的なお言葉を頂くことが多いかもしれません。
まぁ、確かにあまり興味のないことをないがしろにしがちではありますが、、、。

でも、その中でホントにヒドイことを言う人がいたんですよ。
バイトの人だったと思うんですけど、話をしてたらフツーに


「大島君てわりと平気な顔して人を刺しそうな顔してるよね(笑」


それと並行するかたちで


「もうすでに誰か刺したことありそう(笑」





刺すかっ!!
ってか、半笑いでそういうことをいうなっ!!
傷付くぞ!!


ホント、陰湿よりに印象が傾くんですよね。
電車とか乗っても、僕の隣、人座りませんからね。

印象なのか、殺気なのか。。
或いは、僕から謎のプラズマ出ている可能性もありますけど。。
案外、自分で気付いていないだけでものすごい体臭が出ているという可能性も無きにしも非ずですけどね。
そうだったら、ヘコむなぁ。。。_| ̄|○



でも、実際の僕は全然違うんですよ~。
本気と書いてマジですよ~。
親父の正義感とお袋の自愛の精神のみを受け継いだ愛の伝道師的な人間なんですよ~。


もし、彼女とディズニーランド行って彼女が「これつけて」ってネズミのカチューシャを差し出しても握り潰しそうって言われてますけど、
めちゃめちゃ付けますよ~。
っていうか、むしろ自前のカチューシャもってってつけるぐらい愛情たっぷりなんですよ~。


心が篭ってないですね( ´_ゝ`)


まぁ、さすがに自前はないですけど。
ってか自前って言ったら、私物で持ってるって誤解されそうなんで、そこは否定しときますけど、でも割と付けますよ僕。
割と柔軟なトコありますよ。


だから、僕に対してこういう印象の強い方は、もっと僕をよく見て下さい。
結構、陽な部分ありますから。
一人で居たいように見えて、さびしがりや的な部分ありますから。


まったく、誰かトゥギャザーして欲しいぜ!


<クリックお願いします>
天網恢恢疎にして漏らさず?
2007年1月2日。
午後時刻不明。


友人が童貞を喪失しました。。。



彼は中学の同級生でもちろん同い年。
今のご時世を考えると、ようやくというかついにというか。。。

ただ僕には素直に喜べない気持ちがあります。
いや、むしろかなり複雑な心境です。


この時点で、かなりお察しが付いているでしょう。
そうです。
僕がまだガチガチの童貞だからです。
しかも、失う予定もなければ女性の知り合いすら皆無に近い。

僕の中には「僕より先に童貞を喪失しないで欲しい人リスト」ってのがあるんですが、
さらにその中に「僕より先に童貞を喪失してはいけない人リスト」があるのです。
で、彼は後者の人材。

真実を聞いた時はショックを通り越して、放心状態でした。


こんなこと書いて「頭おかしいんじゃない」って思われるかもしれないですけど、


「当事者は必死なんだよ!!」



あー、マジでショックだわ。。
もっと女性に対する恐怖心を植え付けておくべきだった、、、_| ̄|○
僕の被害妄想のすべてを伝承させておくべきだったぁぁ、、、_| ̄|○



時間を戻せば、年明け前の大晦日の昼過ぎから、始まっていました。


その友人宅に行くなり、彼が急に

「大ちゃん、ウチ昨日チューしちゃったわ」

恥ずかしがり屋の彼が珍しく自分からカミングアウトをしました。
気持ち的には、必殺のカウンターパンチを食らった感じでしたね。
で、以下のやり取りはこんな感じだったんですが、



「えっ、ウソ!!えっ、ってかちょっと待て。えっ、どゆこと!?」

「いや、なんか昨日その子と一緒に飲んでたんだけど、なんとなくそういう雰囲気でさぁ」

「、、、マジでか。」

「マジ」

「、、、。」

「、、、。」

「ってことは、最後までいった、とか、、、?」

「いや、とりあえずそこで止まった」

「そうか、、よかった」

思えばこの時、最後まで踏み込まなかったことを後悔させておけばよかった。。。



実はこの頃はまだ、彼の童貞喪失に対する危機感はなかったんです。
正直、彼も僕同様なかなかのヘタレなんでそこまでいかないだろう。
想像もつかないし大丈夫だろう、と。


実際、彼のその後の発言は「その後どうすればいいと思う?」とか、「あぁ、、。なんかチューした瞬間すげテンション下がったんだよね」とか、同じ童貞である俺にいったところでどうすれば、、?的な発言が多かったんですよねぇ。
しかも、後ろ向きw




だから!
だから、この時に!



「でもさぁ、キスまでいったってことは次あったら絶対最後までいくよな」

「そうなんだよ~。マジどうしよう。」

「でも、その人彼氏いるんじゃなかったっけ?」

「いるけど、ウチそういうのはあんま気にしないんだよね。
逆に束縛とかされる方がイヤだし」

「ふ~ん、なら別にいんじゃね?
そういうの男のロマン的なシチュでもあるし」



あ゛~~~~~!!
俺のバカバカバカバカ!!
なんで、こん時真剣に保険を残しておかなかったんだ~~!!







ほいで、今日ですよ。
初詣に行った時に今日会うってことは聞いていたんで、頭には入ってたんです。
実際、邪魔するために適時電話してみたんですが、見事に俺セコムは役目を果たせず、、、



1回目 電話 21:00
『AUお留守番電話サービスに接続します』


2回目 電話 21:30
『AUお留守番で話サービスに接続します』





電源切ってやがる、、、_| ̄|○
でも、ここだけはさすがというか。
セオリー守ってくるなw

で、結局仕方ないので妥協案にしてしまうわけです。


3回目 メール 22:00
『自分一人だけ気持ち良くなっちゃってんじゃねーぞ、コノヤロー!』




しかし、原文なんですが、まだ僕の余裕感が見て取れるんじゃないでしょうか?
この頃はまだ冗談半分で頑なに信じてなかったなぁ。。。



で、23:00頃返ってきたメールがこちら。


『そりゃ、電源切るわ笑』





(そりゃ、電源切るわ笑)














、、、。














ハァ!!
ちょっ、まっ。
おま、ふざけ!!




その頃まだ先輩と一緒だったんですけど、すぐ了解もらって急いで電話したら、なんか憔悴しきった声で



「今電車」

プツッ!プーッ、プーッ、プーッ。。。





ハァ!!
ちょっ。
おまッ!!
説明しろや!!




ここに来て始めて若干の脇汗が。
でも、本人の口から聞いてないし、一人じゃなかったせいで落ち込まず、まだ!
まだ、信じ切ってはいませんでした。

つーか、これで信じないのはある意味逃避か、、?





で、結局真実を聞いたのが日もまわって1:30頃。
先輩と別れて家へ帰る途中に電話して聞きました。


この際、そんな深夜に電話とか非常識じゃ!、とかはナシです。
変なことに一生懸命なヤツだってのは周知の事実だし、仲間内で一番イタイのはやっぱ僕ですもん。
しかも、圧倒的w


で、先輩と話してた頃のテンションで電話したら案の定寝てたみたいで、反応がニブいわけですよ。

でも、ここで寝かせるわけには行きません。
ここで寝かせたら僕が寝れない。
真実を掴み取るまで、寝れるはずがない!



「あ、寝てたか?スマン」

「、、、ん」

「大丈夫か~」

「まぁ、なんとか」

「で、どうだったん?」

「、、、。」

「おい~、寝るな~。俺が寝れなくなる~。」

「、、、ん、、とりあえず話すのめんどいからYESかNOかで答えるわ」

「おし、じゃあ聞くぞ」


















2007年1月3日丑三つ時
その時、歴史が動いた















「君は、、失って、、、しまいましたか?」

「、、、うん」

「そうか、、、」




♪~
かた~りつぐ~ひと~も~なく~
ふき~すさ~ぶ~かぜ~のなか~へ~





(あぁ、、また巨星が一つ落ち、、)


「ウソだよ」

「!!おま、フザ『喪失したよ』ケッ、、、。」









ヘッドラ~イテ~ルラ~イ
た~びは~まだおわら~ない~
ヘッドラ~イテ~ルラ~イ
た~びは~まだおわら~ない~









(終わった_| ̄|○)
(俺の旅_| ̄|○)
(本格的に終わった_| ̄|○)








「、、、。」

「、、、もしも~し。」

「、、、。」

「あの~、大ちゃ~ん?やっちゃったよ~?」

「ん、、、うん、、おめでとう、、、。」

「え!」

「いや、、、おめでとう、、、。」

「ウソ!めっちゃキレると思ってたのに!」

「うん、、祝福するよ、、、。」

「そう?」

「あ、一個だけ聞いていい?、、、付き合うの?」

「いや、微妙な空気だけど、自分的には今のままでいい感じで、でも彼女が、、、


(そうか。それだけは回避したか。。。)


、、、嫌らしいんだけど、どう思う?」

「、、ん?頑張ればいいんじゃないかな?、、、。」

「ん?え?何いってんの?」

「いや、頑張ればいいと思うよ」

「だから何を?」

「うん、、、」

「、、、。」

「、、、。」

「、、、。」

「、、吐きそ。」

「マジか!」

「ゴホゴホッ、オェッ!、、多分、、、大丈夫」




以上が全貌です。
ホント予想以上のショックでした。

聞いてる時は、予想も出来ないことでもないし単なるキャラ付けによる過剰な反応だって言い聞かせてたんですけど、電話が終わってビックリ。
泣くのこらえるのに必死なくらい込み上げてきましたよ。
新年、初、嗚咽、ということで。



しかも、急に今日までに返さなきゃいけないDVDのこと思い出して、
返しに行ったら、店員に、

「後一本残ってますが、よろしいですか?」

家に1本忘れたらしく、結局2往復ですよ。
冷静なんだか、慌ててんだか、、。


ただ一個だけ自分への救いというか、偉かったと思うのが、
自分を慰めなかったこと!
これだけは、自分で自分を褒めてやりたいですね。

DVD返した後AVコーナー直行しましたけど、パッケージを一個も見ませんでしたから。
気分的には、

「『Alice あずき』でも借りてやる!!」

って、感じだったんですけど、踏み込んだ瞬間『これは違う』と、醒めましたね。
そして、ガンジーを借りて帰りました。
ガンジーです。

俺、成長したなぁ~。





とにかく、彼は逝ってしまいました。
そして、我がリストに残るは3人。
内、1人がまださらにその内枠にいてくれてます。


しかし、今回の衝撃が衝撃なだけに、ソイツがいなくなったら俺自殺もんだなぁ、って思ってみたり、、、。
頑張って食い下がりますが、果たしてどうなるやら。。。


それではですね。
新年早々一発目にこんな下世話なこと書いた上に、さらに上塗りする形にはなるんですが、私と彼との最後の会話。
そして、私が発した最後の言葉を新年の挨拶とかえさせて頂きたいと
思います、、、。






「大ちゃん、平気?あと、怒んない?」

「ん?、、、うん、怒んないよ。だから、一個だけお願いがあるんだけど。」

「何?」

「俺はどうすればいい?」

「えっと、、?」

「いや。たーくんが、前言ったみたいに俺に出川見たいになって欲しいんならそれでもいいし、現状から助けたいと思うならそれでもいい。」

「うん」

「だから、それだけは真剣に考えてくれ!僕はそれに従うから!」

「おっけ。わかった。」

「それから、たーくん。」

「ん?」








『夢も希望もないわ、、』



プツッ!プーッ、プーッ、プーッ。。。





第1回アニソンアワード
第1回アニソンアワード(2006)
はっぴょ~!



ども。
はじめまして、こんばんは。
大島です。


この番組では今年発売されたアニメソングをBEST10形式で発表し、
年間1位を決定しようというものでございます。

評価基準は非常に簡単明瞭。
私が今年一番聞いた、或いは心に残ったものに、少々の客観的視点を
加えて評価するものでございます。

評価対象は、アニメ・ゲーム及びそれらに関する曲で今年発売されたものであれば良いという、非常に広いものとなっております。


ということで、始まりました第1回アニソンアワード。
司会の大島です。
こんばんは。

今年も聞きに聞きまくったアニメソングの数々。
現在大型改変期に作り出される作品数が50以上なので単純計算してもそれの2倍あるわけでございます。
それにゲームソングやキャラソンなどを加えるわけですから、すごい数ですよね。

かくいう私。
今年聞いたアニソンの数は、おそらく100~150程度だと思います。
新規でMDに録音したのが80曲くらいなので、他を含めて大体そんなもんでしょう。
アルバムを入れたらもうちょっといくかもしれません。

さらに、今年はアニソン飛躍の年でもありました。
新しい歌手の登場やオリコンのランクイン。
2時ピタッでの無差別的な報道。
そして何より、テレビなど表舞台での活躍も光りましたね。

ちなみに2時ピタッのディレクターは一体何を考えてるんだろう。。?
主婦層向けに腐女子云々を説明して、一体何になるのやら。。?
明らかに間違いですよねぇ。。?


というわけで、、。

その中から本年最優秀アニメソングを発表。
そして、表彰していきたいと思います。

ちなみにですが、1位をとっても何にもありません。
ってか、ボクの自己満企画です。




それでは参りましょう!
まずは10~6位までを一気に発表します。


                   (曲名/歌手名)
第10位 Love Power/Aice5
第9位 亡國覚醒カタルシス/ALI PROJECT
第8位 ハレ晴レユカイ/涼宮ハルヒ,長門有希,朝比奈みくる
第7位 踊る赤ちゃん人間/大槻ケンヂと橘高文彦
第6位 パズル/ROUND TABLE feat. Nino



10位から6位まではこのようになりました~。
それでは、コメントしていきます。


第10位 Love Power/Aice5
堀江由衣主導のユニットAice5(確か正確には5は小さい)のセカンドシングルですね。
オリコンチャート一桁も記録しましたし、相変わらずほっちゃんは強いということで、、、。
ただ、実のところメンバーはその方と浅野真澄と神田朱美以外しらなかったりする~(´,_ゝ`)
サビと衣装が好きでございました。


第9位 亡國覚醒カタルシス/ALI PROJECT
勇侠青春謳とどっち入れるか迷って結局こっちにしました。
ゴスロリ的ルックといえばこの方!、というのは結構浸透してきてるんじゃないでしょうか?
宝野アリカ嬢。
ちょっと前までは曲調がマンネリっぽくなってきてたんですけど、この曲ぐらいからまた僕の中では巻き返した感がございます。
今年はサマーライブの際にお姿と生歌、両方達成したのも評価してランクインさせて頂きました。


第8位 ハレ晴レユカイ/涼宮ハルヒ,長門有希,朝比奈みくる
心の映像込みで8位入賞です。
曲もそうですがダンスが一世を風靡し、1位にしようと購買運動も起こりました。
結局4位(?)で終わってしまいましたが、話題性・社会現象、そして上と同様の理由よりランクに入れました。
ちなみにアニメは未見。
ブームが落ち着いてから見ようと思います。


第7位 踊る赤ちゃん人間/大槻ケンヂと橘高文彦
アニメからの派生でのタイトルで誉めるのもなんですが、歌詞が巧でした!
踊る=好きなことをする、赤ちゃん人間=働かず巧いこと立ち回って生きている。
踊る赤ちゃん人間=ニート、ってことですね。
もちろん歌詞だけじゃなくて導入部のピアノも素晴らしいし、メロディーも好きでした。
ウチの近くのカラオケ屋に入ってないのが残念。。。


第6位 パズル/ROUND TABLE feat. Nino
7位に続いて「NHKにようこそ!」からの選出です。
個人的にARIAの頃からROUND TABLEの曲は好きでしたね。
この曲はリズム感があって、なかなか飽きないのが特徴。
インパクトも大事だけど、割とそういう曲も重視するタイプなので入れておきました。



以上。
10位から6位まででした。

さて、上位陣を発表する前にここで小話のオチを一つ。







熊八たちがこっそりと覗くと、そこにはうまそうにまんじゅうを食べる定吉の姿が!

これには熊八たちも、奴にいっぱい食わされたと、気付いたらしく勢いよくふすまをあけて怒鳴り込んだ。

「おい、定吉!お前、まんじゅうが食いたいから俺たちに嘘をついたな!」

いきなりの登場に驚く定吉。

その拍子に食っていたまんじゅうが喉につまっちまったからさぁ大変。

しかし、そんな様子など気にせず怒鳴る村人達。

「やい、定吉!お前が本当に怖いものはなんだ!白状しろ!」

そこで定吉。

ドンドンと胸を叩きながら、苦しい声でこう言い放った

「ここらで一杯熱いお茶がこわい!」


ドドン!!







さっ。
それでは上位に参りましょう。
続いては5位と4位の発表です。



第5位
 夢想花/Suara


TVアニメうたわれるもののテーマソングです。
Suaraは確か今年デビューじゃなかったでしょうか?
前書きでも書きましたけど、新しい人続々とですね。
Suaraしかり、タイナカサチしかり、樹海しかりと。
タイナカサチはミュージックステーションにも出ちゃいましたからね。
今後の活躍にも期待したいと思います。
んで肝心のこの曲ですが、淡々としているんですけど珍しい音を使っているせいか結構聞き応えがあると思います。
それから、Suaraはインドネシア語で「声」という意味らしい。
ちなみに、やっぱりアニメは未見。



第4位
 SUPER GENERATION /水樹奈々


奈々様4位でございます。
確か初の作曲を行った曲です。
若い世代的には、タイトルがいいですよね。
曲調ともマッチしてますし。
それから、当の本人。
今年1年で第1戦での活躍だったら、1番なんじゃないかな?
HEY!×3に2度目の出演をしたし、オリコンの常連になってますし。
伊達にのど自慢荒らしっていわれてただけのことありますよね。
オンチの自分がいうのもなんですけど、実力すごいですよ。
悪しき2時ピタ!にも特集されてました。



さぁさぁ、第4位まで発表が終わりました。
それではここで、惜しくもランクインを逃した曲たち。
通称、がんばったでしょう、を羅列していきたいと思います。
コチラになりました。


<がんばったでしょう>
最高の片想い/タイナカサチ
DokiDoki! My Sister Soul/ハレンチ☆パンチ
Harmonies*/時乃&律子
あい/アツミサオリ
勇侠青春謳/ALI PROJECT
恋人同士/樹海
雪、無音、窓辺にて。/長門有希(CV.茅原実里)
最強○×計画/MOSAIC.WAV
Chercher/KOTOKO
青春いいじゃないかっ/鶴屋さん(C.V.松岡由貴)
Silly-Go-Round/FictionJunction YUUKA
桜キッス/河辺千恵子
最強パレパレード/涼宮ハルヒ,長門有希,朝比奈みくる
牙狼~SAIVIOR IN THE DARK~/JAM Project
たったひとつだけ/yozuca*
disillusion/タイナカサチ
冒険でしょでしょ?/平野綾
友情物語/Aice5
オハヨウ/双葉&梨々&美森
美しければそれでいい/石川智晶
マイペース/SunSet Swish
Red Fraction/MELL
ひぐらしのなく頃に/島みやえい子
終端の王と異世界の騎士/Sound Horizon
轟轟戦隊ボウケンジャー/NoB
sakura/NIRGIRS
Crystal Energy/栗林みな実
OUTRIDE/アニサマフレンズ
                   (順不同)



並べてみると結構多いですねぇ。
まぁ、100曲の中の一角ですから、これくらいでしょうか?

がんばったでしょう、でございました。


さて。
残りは3つになりました。

それでは、いきましょう。
第3位です。






第3位
 もどかしい世界の上で/牧野由依


第6,7位に続きまして、アニメ「NHKにようこそ!」の第2期ED。
「もどかしい世界の上で」が3位になりました。
バラード調で静かなピアノが印象的な曲です。
そのおかげか声と歌詞がすごく映えて、全体的に綺麗に仕上がってると思います。
あとは、切な度が○ですね。
「ちっぽけな世界なのに何故だろうこの両手には大きすぎる
果てしない世界なのに何故だろうこの両手には小さすぎる」
幻想的でありつつリアル。
心に残る曲でした。

牧野由依さん。
音大出身。
ひそかに注目中。
まきまきうんちさんこれからも美しい歌声で頑張って!



3位の発表が終わりました。
続いて、2位。
1位がなかったら1位!
その作品は一体何か?!


第2位はコチラになりました!!





第2位
 being/KOTOKO


灼眼のシャナOPテーマです。
相変わらずアニメは未見ですが。。。
この人の歌声は、力強さがあっていいですね。
総合的にどうかは分かりませんが、力強さだけだったら間違いなく業界で1番だと思いますよ。
これは太鼓判です。
特にアルバム「硝子の靡風」の「Free Angel」の2番のサビ終わりがスゴイ。
その前も声はすごくよく出てるんですけど、それを飛び越えるというか半ば多い尽くすぐらいの力強さが出てくるんですよ。
あの曲は僕の中では必聴ですね。
アルバム自体も偏見さえ持たなければ、名作だと思うんで聴いてもらいたい一品でございます。

さて、戻りましてbeing。
曲調はI'veお得意のトランス系です。
作詞作曲共にKOTOKO。
毎回のことですが、この人の曲には疾走感がありますね。
PVにもなってますけどイメージ的には荒野とか強風がよく合うと思います。
具体的にはミスチルのtomorrow never knowsのPVな感じで。
ただ、ぶっちゃけPVは微妙ですが。。

来年はアニサマに出てくれないだろうか?
今んとこI've枠ないし、無理かな~。




2位までの発表が終わりました。

ということで、とうとう次が最後です。
今年1年を代表する曲が(俺の中で)ついに決定します!!



<第1回アニメソングアワード>
第1位の発表です!!



































ダン!!







第1位は、、、






God knows...

 涼宮ハルヒ(CV.平野綾)

に決定しました!!


おめでとうございます!!
ワーワー、パチパチ!!



ということで、決定でございます。
この結果については、多数の人が賛同して頂けるんではないでしょうか?


まずは、直接的な部分から。
オリコンランキング初登場5位という結果はもちろん、12万枚を売り上げ、
堂々年間ランクにも顔を残しました。
それに伴うHEY!×3への出演。
いろいろと記録と記憶に残りました。

それから、アニメのヒット。
これは他の曲にも言えることですが、今年一番注目されたアニメといえば
『涼宮ハルヒの憂鬱』を置いて他にないでしょう。
視聴率も素晴らしかったみたいだし、その中で活躍した功績は+していいかと。

当の曲も私的見て好きなのはもちろん、普通にカッコイイと思いますよ。
アップテンポで特にギターがスゴイ。
アニメでは、ギターを弾くシーンを丁寧に正確に緻密に作っていてあれには驚かされましたね。
結果、リアルに弾いてみる人が続出し、You Tubeで公開する人もいました。

平野綾さんにとっても飛躍の歳になったんじゃないでしょうか?
さん付けだけどまだ17。
俺よりだいぶ年下ね。




受賞理由はさまざまですが、今年度アニソン大賞は

God knows.../涼宮ハルヒ(CV.平野綾)

となりました。


それではみなさん!
また来年あいましょう。
ありがとうございました~!!



ゲイツ
ゲイツすげぇ∑(゚Д゚ )



意味わかんないと思うんで説明しますと、
どうやらつい最近にゲイツが慈善団体ことゲイツ基金にある
資産3兆7000億円を死後50年以内に全額寄付することを発表したらしい。


3兆7000億円ですよ!!
7000円置きました~、ってギャグやってもまだ3兆あるんですよ!!


いやぁ~、いくら世界最高の長者番付といえども感心するなぁ。
しかも、募金を募っての3兆7000億円じゃなくて、
個人出資の財団ですからねぇ。
自分がいくら「ア プア リトル ボーイ」と罵られても何もいえないよなぁ。

だって、俺、自分ちの家、破壊してるくらいだし。



うん。
ゲイツ最高。
ゲイツマンセー。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。