プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合コン王、誕生!!?
待ち合わせ場所に到着。
少し自分らの方が早くついたせいか、しばし待つことに。

しかし、今の自分にとって何もしていないことは死に等しく時間が過ぎるにつれ、どんどんどんどん負のパワーが自らを取り込んでいく。
取り込まれる僕を見てか僕と同じ立場の友達が、都会の喧騒にも負けて同じ症状に、、、_| ̄|○


ここまで来て逃げ出してやろうかと、二人で相談してしている間に幹事役が女の子をつれて登場。
「うわー、モノホンの女の子やー(彦麻呂風)」とアホなことを思いつつ、ご対面!!
ただ、緊張と加呼吸からか顔が見れてない。


とりあえず、こんな状況でのみに行く店まで向かうことに、、、




-----------------------


飲み会当地に到着!
逃げ道がなくなったためか、ここで初めて覚悟を決める
窮鼠猫を咬むとは、よく言ったものだ。

とりあえず、ここで自分なりに考えた行動のワンポイントをご説明しましょう。


①会話には積極的に参加し、ときおり笑いを取り入れる。
②酒は飲んでも飲まれるな(´・ω・`)
③自分のボロ(おたく気質)を出さないように心懸ける。


メチャクチャ普通のことですが、とにかくこれだけは守れるように行こうと思いました。

ということで、Let's goコン 開始(´,_ゝ`)!!!




まずはセオリー通り自己紹介。
全員が軽く見知ったところで、ぬるーい質問タイム突入!
まぁ、言いたかないがまずこれが盛り上がらないこと山の如し(笑)。
元々、そういうのに向いたタイプの人間がいなかったためか質問が出ない!!
そして、自分に責務を感じたのか幹事が大きな動きを見せる!


























「じゃあ、好きな色は何?」





幼稚園児かっ、俺らは!!!

ホントに言い合いましたよ(笑)
だって、他に話すことないんですもん。

そんなこんなではありますが、一応話はしているので徐々に場も和んでいき、人並みに会話も弾み始めました。


「俺ら0歳からの付き合いでな」

「高校以外はずっと一緒なのよ」

「へぇ、そうなんだ」

「じゃあ、二人は親友なんですね」

「・・・・」

「こいつ昔っからオクテでね」

「うるさい!ええやん別に!」

「そうなんですか?」

「へぇー」

「・・・・」




ここでふと気づいた。










あかん!!!
取り残されつつある!!



試合開始序盤から私を除く男二人で会話が構成され始める。
自分も何とか会話に入ろうとするのだが、ポジショニングを誤ったせいでぜんぜん入れない!!

 女 女
 A B
 ↓ ↓
 ● ●
 -----
|      |
 -----
 ○ ○ ○
 ↑ ↑ ↑
 幹 友 私
 事 人


席順を言い訳にするのは間違ってるというかもしれない。
けどね、友人がテンパってるせいか幹事及び女の子たちに向かってひっきりなしに話していて、僕は横を向けば彼の後頭部しか見れない状況。
ましてや延長線上にいる幹事の顔は見れない位置。
この状況でどうしろと、、、_| ̄|○
会話を止めてまで隣の奴に「僕の顔を見て」とは言えないでしょ!


それから、友人が緊張からかありえないペースで飲みまくる。
そして、それに吊られて幹事役も飲みまくる。
またも俺、孤立!!
っていうか、幹事なんだから仕切れよ!!!
といった心の声もむなしく、合コンの半分近くは無言で過ごすハメに。



それ以外は一応、席替えチックなことを行ったおかげで普通に喋れるようになり、楽しくは過ごせたけど、どうだろう?
高倉健的な寡黙なイメージは拭いきれてないことこの上ないだろう。





結局、総括としては、掟①を守れなかった私はいてもいなくても変わらない存在で終わるという、これまで長い文を読んでくれた方には大変申し訳ない結果に終わりました。



ちなみにですが、憎いことに友人がなんとお持ち帰りをしましたキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!















まぁ、酔いつぶれた幹事をですがね(´,_ゝ`)プッ


だから仕切れよ!!






スポンサーサイト
続々・四面楚歌
さて、ところ変わってご当地へ。
当初より2時間遅れで仲間と合流。
時間が余ったので、とりあえずカラオケで時間でもつぶすかということでいざカラオケへ。


店に着いてすぐ気づいたのだが、最近アニソンばっか聞いているために流行の曲がわからない事が発覚!
気にしないで歌ってもいいのだが、これから合戦をしにいくのに行く前から隊を乱してはマズイだろ、、、
ということで、知ってるであろう『あの鐘を鳴らすのはあなた」をサンボマスターver.で歌う。
が、うろ覚えのためサビ以外がわからず、あえなく脱落、、、


仕方なく他の歌を探す。
他の歌を探す。
歌を、、、



見つからないよ ママン.(つД`)



いやまったくないわけじゃないんですがね?
歌いたい曲、歌える曲と奴らがわかる曲が見当たらないんです。

自分なりに努力はしたんですよ?
でも見つからないのなら仕方ないじゃないですか?
なので、思いっきり“僕の”歌いたい曲を歌わせてもらいましたよ。
ということで、「OK!!いくぜ、みんな!!ヘイッ!!!」
とアニソンメドレー開始!!


結構本気で、このテンションです(笑)
ってか、アニソンは叫ばなあかんでしょ?


ラインナップは、まず仕入れたばかりの「infix」から始まり、途中「遠藤正明」「TM Network」をはさみ、「影山ヒロノブ」でシメさせて頂きました。
あんまりたくさん歌うとホントに飽きられちゃうんで自分的には控えめにしたつもりです(´・ω・`)

ちなみに、もしも歌手名から全て曲名を叩き出せた方!!
僕はスゴイと思いますが、その自慢はなさない方がいいかも。
おそらく、愚民を見るような目で見られること間違いないですから、、、


理解されてぇなぁ、、、、_| ̄|○

まぁ、いいんですがね。



結局2時間余りで退室。
アニソンに力を貰い、勇気百倍!!
いざ戦場へ!!


激動の完結編は、このアトすぐ!

引っ張りすぎて自分が疲れてきちゃった、、、





続・合コン後のファミレスにて
さて、日は変わり合コン当日。
朝起きてまず時計を見て思ったこと。


「チクショウ、寝過ごさなかったか・・・_| ̄|○」


久しぶりに、故意に寝過ごそうとするが失敗。
なので、しょうがなく『二度寝』することにしました!!
ここまで確信犯的だとある意味すがすがしい!!
ということで、ご就寝。




・・・数時間後。





・・・そろそろかな。





ソロソロと起きて時間を確認すると、、、




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
遅刻確定!!



いやぁ、昨日は大変だったからしょうがないよなぁ(* ´∀`)
夜な夜なおもしろフラッシュ探さなきゃいけなかったもんなぁ(* ´∀`)
いやぁ、いけなくて残念だ(* ´∀`)
とりあえず、遅くなっちゃったけど起きなきゃな(* ´∀`)


ということで、携帯を取り出し謝罪メールを送ろうとしたところ何やら逆にメールが届いている。
もしかして、友達の逆鱗に触れたかと逆に焦り、恐る恐るメールを開くと、、、






「悪い。集合時間2時間遅らしてもらっていい?」





そっちかよぉぉぉぉお!!!_| ̄|○

元々、作戦会議を立ててから行こうということだったのでAM11:00に当地集合という予定だったのですが、それが変わって1:00集合に変更。
で、起きたのは12:00。
普通に間に合うじゃんか、、、_| ̄|○


しぶしぶ、起きて飯を食うが味がない、、、
なんとなく部屋の中をうろちょろうろちょろ落ち着けず、グダグダ時間を浪費し、そろそろ出発する時間となりました。
しょうがないので自分なりの正装をし、一抹の希望を胸に覚悟を決めました。






「あのさぁ、俺、今日行かないでもいい?」




負のパワー強し!!
マジで出かける用意をすべてしてからメールしました。

ちなみに、こちらサイドの仲間は2人だったのですがその二人からは、、、

「やっぱ無理なのか?でもドタキャンはマズイと思うぞ。どうしてもダメならもう一人いるからいいけど(幹事役)」

という、僕を理解した大変温かいお言葉と

「ふざけるな!お前、俺を一人にする気か!!!」

といった、僕と理解し合ったからこそのメールを頂きさすがに行かなきゃ感が出てきたので、ついに本当に重い腰をあげる事になりました。



疲れたので、また区切ります。
スマソ、、、





死中に活はあるか?!
今日は、なんと、合コンに行って来ましたー!!
わー、信じられない!!



今まで私の日記を多少なりとも見たことある方はわかってくれるかもしれませんが、正直私は結構なオタクです_| ̄|○
そして、自論から言わせて頂けるならオタクと合コンは、本来明らかに対極の存在です。
どれくらい対極かというと、「水木一郎」と「新井昭乃」ぐらい違うと個人的には思ってます(´・ω・`)


それが、なぜ行くようになってしまったのでしょう
話は3週間も前にさかのぼります





私がいつも通りゲームをしていると、ふとメールが来ました(ちなみに今はICOのエンディングテーマです)
中身を見ると「合コン来て見ない?」という内容でした。
その時は特に何も考えず、まぁ、たまには人付き合いしといたほうがいいかと思い「いいよ」と答え携帯を閉じました。










激しく後悔、、、、、_| ̄|○
そして、3週間も先なのにも関わらずプレッシャー(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



自分でもアホかと思いますが、私は、オタク特有の負けDOGモードとネクラにありがちな極端な人見知り属性を保有している小心者のため、どうせ行くのが嫌になるのはわかってたんです。
わかってたんですけどぉぉ、、、、早すぎるだろ嫌になるの。
フローチャートにしてみると、なおわかりやすい。


日課のゲーム(* ´∀`)
  ↓
メールが届く(* ´∀`)
  ↓
メールを開いてみる(・∀・)
  ↓
何の気なしに承諾ヽ(´ー`)ノ
  ↓
携帯を閉じる(・∀・)
  ↓
ベッドに携帯を放り投げる( ゚Д゚)y─┛~~
  ↓
激しく自己嫌悪_| ̄|○



アホか、、、

まぁ、ちょっとしたネタと思い出が出来たのでいいんですがね。



寝たいので、続きはまた今度。





ゆかな
題名だけですべてがわかった方は、仲間!!



さて、今日は「新訳Zガンダム-恋人たち-」を、学校を休んでまで見てきました。
そうまでしてみたいのか、オレ!?



・・・もちろん、見たいですヽ(´∀`)ノ!!!
ゴメンナサイ_| ̄|○



それはさておき、ガンダムについては朝までアニメ夜話(ガンダム編)を見終わったばっかりだったので新鮮さはなかったのですが、ガンダムはガンダムということで見てきました。
前回ほどのインパクトはないものの、個人的には及第点といったところでしょうか。

なぜ及第点かといいますと、製作前のキャストのゴタゴタや「恋人たち」という括りのためか一人ひとりにスポットを当てすぎて戦闘やストーリーの大筋がいまひとつわかりずらかったからです。
自分的にはもう少しフォウをフューチャーして欲しかった(´・ω・`)


まぁ、出来は悪くないと思うので、気になった方はビデオでも劇場でも見てみてはいかが?
っていうか、見なさい!!
オリジナルを見なさい!!
富野は決してあなたを裏切らない、と思うよ(・∀・)





ちなみにですが、同伴した友達は「俺がこの1年間見た映画の中でベスト2と3がガンダムってどゆこと?」と嘆いてました。
1位は「リンダリンダ」だそうですが・・・
ハマってやんの(´,_ゝ`)プッ





シュラク隊
連日、ガンダムネタが多くて申し訳ない(´・ω・`)
ただ今回は、っていうか今回も書かずにはいられないのです。
皆様に伝えなければならないことがあるのです。
それはといいますと、、、








実は・・・・ペギーが死にました!!!
おぉ、神よ!
あなたはなんと残酷なのか_| ̄|○



シュラク隊の中で一番好きだったのに。゚(゚´Д`゚)゚。ウァァァン




上記でわかると思いますが、今Vガンダムを鑑賞中です。
兄弟そろってガノタの友達から「Vガンダムはいいけど、みんな死ぬよ」と聞かされてはいたものの、、、
あぁ、ペギー(つД`)


Vガンダムではいい人・いいキャラがみんな死んでいきます。
そして、言っちゃあなんですがみんないい死に方するんです。
ただ、1話ですべてを収めてる分、記憶に残らないのが残念でならない
実際の戦争ってそんなもんかもしれないけど、でも!!





くっそぉおおおおおおおおお!!!!





なんとぉーーーー(シーブック風ですよ)
ビーフジャーキーで歯が欠けたぁぁぁ_| ̄|○





なんでやねん!!
しかも、よりによって前歯が欠けた、、、
ありえないわ。
頑丈そうなくせにアイツ意外と根性ねぇ!!




SM裁判官
今日、たまたま教習所で時間が余ったので新聞を見てて気づいたのだが、世の中にはいろいろと変なことが起こっている。
たとえば、私が今回注目した事件を要約するとこうだ。




「裁判官がSM強要を自供!!!!!
 逃れられないと思って、、、」


話の筋はこうだ。


とある日、出会い系で知り合った30代主婦に対し、メールでSMプレイを頼み込む。
そのメールは次第にエスカレートしていき、「あぁ、そんなとこ縛ったら痕がついてしまうよ」といったような、仮想プレイの内容を四六時中メール。
しかし、そんな夢もやがて終わりを告げる。
そして事件がバレそうになった裁判官は上司に告白したそうな。



なんとも奇怪な話である。
同新聞では、人を裁く側の人間がなんたること、などと遺憾の意を表している。
僕も同感だ。
公の場に立って、人を正しい方向に導く公人がそれでいいのか?!





なんていうことは、僕はこれっぽっちも思っていない(´・ω・`)
何より彼を否定しきれない自分がココニイル_| ̄|○


そんなことより僕が何より気になるのは、告白をされた側の上司だ。
そう、もしも部下にSMメールについて告白されたら、、、







部下「すいません、ちょっとお話がありまして」

上司「おぉ、そうか。私もちょうど話があってな。君は今日付けで我々のグループのリーダーをやってもらうことにしてな。」

部下「本当ですか!ありがとうございます」

上司「なんのなんの。ところで、話って何だ?」

部下「いや、なんていうか言いにくいことなんですが、、、」

上司「何言ってるんだ、君はグループリーダーなんだぞ。どっしり構えて発言し給え」

部下「・・・実はですね。わたくし、最近SMが趣味でして」

上司「・・・」

部下「出会い系で知り合った主婦にメールで・・・・ちょっ と、強要をしてしまいまして・・・」

上司「・・・」

部下「で、しつこくメールしていたら警察に訴えると先方から
言われまして・・・・」

上司「・・・お前、もうちょっと書記でいようか?」




以上、ドリフのもしもシリーズをインスパイアしてみましたが、どうですか?
アホらしいですね?
テレビでたまにこんなシュールなコントやってて、よく出来てるなぁなんて思ったけど、実話やんw

なにはともあれ、誰か彼にイメクラに行くお金を恵んでやってください。




夢のまた夢
ふと気がつくと、私は見開き型1/1リカちゃんハウスらしき前に立っています。
そこでは、夢特有の確信なのですが、壮大なレコード大賞が行われています。
私はその前をとことこと歩いていたのですが、何故か私が歌う番だと気づきました。
そこで、何を歌うのかもわからず突っ立っていると何やら聴きなれた音楽が流れてくるではありませんか。




タララランタララ タララランタララ タララランタララ タララララララララン








哀・戦士キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!




哀~、震える哀~、それは別れ歌~


いやぁ、驚きましたよ。
そして、寝てるのにテンション上がりまくりましたよ。
あんな大舞台で、しかもあんなに大勢のアーティストの前で哀・戦士が流れるなんてラッキーだったなぁヽ(´∀`)ノ
もちろん、熱唱させていただきましたよ。

いいですよね、ガンダム。
いいですよね、ジャブロー。
ガウからジオン兵がゾロゾロと。

いやぁ、アニメってほん、、、、、っとにいいもんですねぇ。
ですがね、この夢これで終わりじゃないんです。

哀・戦士の1番を歌い終わったところで急に曲調が変わったのです。
やがて短い伴奏が始まります。













ガガガッ、ガガガガオガイガー!
ガガガッ、ガガガガガオガイガー!
いくぜー!










キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
勇者王誕生!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!










またもや熱唱!
遠藤正明、いいですよね!
JAMproject、いいですよね!!
戦士よ、立ち上がれもいいですよね!!


そして、大盛上がりのままライブは終了。



いやぁ、こんなにいい夢見させてもらったのは久しぶりだな。
おかげで朝もすっきり起きることが出来ましたよ。

でも、歌い終わった後にTOKIOの松岡君とハイタッチしたのだけはナゾ(実話)





寄生獣と私
何故だか急に小学生時代、知り合いだったR君のことを思い出した。


彼の家族はすごく特徴的だった。
特徴的というより「一卵性双生児?!」と思わせるほど、弟から母親まで顔が似ていたのだ。
それだけならまだしも、その顔が寄生獣などで皆さんおなじみの岩本均先生のキャラクターにソックリなのだ。

あの漫画は子供心に怖かったのを覚えている。
漫画好きの人に「あれはよく出来た漫画だ」なんてことを言う人がいるが私はあの漫画を小学校5、6年くらいの時に見せられた。
初めて見たときは正直、怖くて仕方なかった。
特に序盤でよく出てくる人の食い方は嫌で嫌で仕方なかった。
私のちょっとしたトラウマである。


今彼ら親子に会ったらどう思うだろうか?
やっぱりあの人を食ったような顔で見られるのだろうか、、、





ドワイト・ヨーク
yorke.jpg


祝トリニダードトバコW杯初出場おめでとう!!!
いやぁ、なんと嬉しいことでしょう。今までなんで出れなかったのかわからないと言われていたあの、トリニダードトバコがこのたびW杯に出るということで、いやぁめでたいなぁ、、、


あー、すいません。初めてのブログとはいえ調子に乗りました。
何を書けばいいかわからないかったもんでねぇ(´・ω・`)

でも、久しぶりにヨークって言葉を聞いて嬉しくなったので写真つきであっぷしてみました。
彼は、イングランド人だと思ってたんですがトリニダードトバコ人だったんですねぇ
しかも、母国ではかなりの英雄扱いらしい、、、
同名の曲が出来たり、スタジアムがあったりとまぁスゴイ。
しかし、こう考えると私も小国に生まれてみたかった。
だって上も然りだけど、ちょっとばかし有名になるだけで、英雄待遇ですよ!!
大統領になれる可能性だってあるわけですよ!!

こういう小ネタを入れつつ、まぁ、別に大統領なんかにゃなりたかないですがね、、、


ちなみに、普段「俺、サッカー通なんだぜ」って言ってるやつに上記を踏まえた質問をぶつけてやりましょう。
きっと、化けの皮がはがれて面白い結果が見れると思いますよ(・∀・)ニヤニヤ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。