プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0080
どうも!!
雰囲気が「20世紀、西海岸で一番モテた男」に似てると言われた者です。
どういう意味か理解しているにも拘わらず、言われてちょっと嬉しかったことに、ダメ人間を感じてなりません_| ̄|○



さて今年も残り後2日で、新年を迎えることになりますね。
ということで今日は、新年に向けての心構えと準備をしようと思い立ちました。

正直なコトをいうと起きたら14:30で、すでに出かける気すらなくなっただけだったりする、、、
素晴らしきかな、ダメ人間_| ̄|○


とにかく、新年に向けて新たなものビルドをしようと思ったわけなんですよ。
いや、むしろリ・ビルドかな?
チマ、リトル・ジャンパー!!!
どうでもええか?




で、結局何をしたかといいますと、、、



HG 1/144 リック・ドムⅡ

いわゆる、スカート付ってヤツですね( ´_ゝ`)

えーっと、ガンプラ作りです( ´_ゝ`)

それからどうでもいいことですが、僕はたった今このパソコン好きになりました

なんでかって?

そりゃあ、ガンプラって言葉をしっかり変換してくれたからに決まってるじゃないですか( ´_ゝ`)

友達の携帯が國府田マリ子を一発変換したことにもビビりましけどね?( ´_ゝ`)

こいつも意外とわかってんだって思ったら嬉しくなっちゃたなぁ( ´_ゝ`)



まぁ、いいや。
そんなわけでガンプラを作りましたとさ。



おしまい。




スポンサーサイト
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権SP
いやぁ、やってましたね( ´∀`)
バッチリ録画までして見ましたが、やっぱホント面白いわ!!
そんな感じでテンション上がり気味のため眠れずにコイツを執筆中です。


しっかし、みんなよく考え出すなぁと思いますね。
小ネタ過ぎて記憶があいまいだからなんとなく許容しちゃうのがまたツボにハマるのかなぁ?

今回、私が一番好きだったのが「ジャイアント馬場が小橋のチョップを耐えるシーン」
風体もさることながら馬場さん揺れてる揺れてると思ったらw


他にも好きなのたくさんあったなぁ、、、
「すごくリアルに吐く人」なんてタイトル発展したところで、実はやってることはまったく同じなんだよねw


それから、城島と辻本清美議員はモノマネじゃないし!!
ほとんど、本人じゃん!


その他、ゆうえんちくじら・360℃モンキーズ・ずんのやすあたりの常連組もいてホントに楽しめた!


ただ、木村豊さんと次長課長の河本、それからリカコがいなかったことだけが悔やまれるわ。
あの三人はホント安定した勝ち星を挙げてくれる人だったのに、、、_| ̄|○


とりあえず、博多華丸が優勝でちょっと嬉しかったなぁ。
僕、好きなんですよ、華丸・大吉。



せんだいるるる
どうも!!!
食事中にテレビの某クイズ番組で「タレント名鑑に載っている、名前の苗字が都道府県のタレントは?」という問いに対し、すかさず「千葉さえっ!!」まで声に出してしまった者です。
母親の前でドクロちゃんの中の人を大発表するところでした。
あぶない、あぶない(´・ω・`)


-----------------------


今年も残り3日。
私は年末最後の大勝負(27に会社面接がありました)も終わり大した所用もなくなって、やっとゆっくりできる様になりました。
そんなわけで今から大晦日の夜をどう過ごそうか考えているわけなんですが、一つ強烈な悩みが出てきてしまいました。
ナイナイの年越し番組を見て笑いながらゆっくりと新年を迎えるのが恒例だったのですが、今年の大晦日は土曜日。











そう、アニスパの放送ともろ被ってるのデスヨ!!!

あぁ、本当にどうでもいい悩み_| ̄|○





まぁ、しかし、一昨年の大晦日に比べれば大分贅沢な悩みが出来るようになったと思いますわ。
一昨年はホントに泣きそうなスケジュールでしたからね。



その頃、まだ私はバイトをしていたのですが、そこの店長が「大島君、君、年末年始も働けるの?」と聞いてきたのです。
私は地元でしたし、どうせ友達もそんなにはいないので「まぁ、いいですけど」と答えました。
しかし、せっかくの休みを全てバイトで潰したくはないので「じゃあ、年始は普通に働くのでせめて31だけは休みをください」といったら、きっちりくれましたよ。

きっかり31日の24時までね!!





アホか!
そういう意味じゃねーよ!!
普通31って言ったったら深夜も入んじゃん!!!




えーっと、詳しく説明しますと1月1日の午前0時ジャストから仕事でした、、、

全国でハッピーニューイヤーを叫んでる時に、私だけ、



「こんばんは、今日も一日宜しくお願いします」

(「オーダーです」
(「はい、お願いします」
(「後ろ通ります」
(「ありがとうございます」
×2




世界一、不幸な発声練習


泣けるわぁ_| ̄|○



とりあえず、文化放送さん来年もよろしくお願いします( ´∀`)





G-1の次はM-1
おめでとう!蝶野!









結局クリスマスは、僕に何も残さず言ってみれば無事きれいなまま年を越せることになってんでございますが、唯一、ってか忘れていたイベントがありましたね。



そう、M-1です!!



年に1度の漫才お祭り騒ぎ。
毎年欠かさず見ており、DVDで見直したりするほどファンで今年も拝見させていただきましたが、面白かったですね。


とりあえず、先に出場者の紹介だけしておきますと、
---------------------
アジアン(吉本興業)
麒麟(吉本興業)
品川庄司(吉本興業)
タイムマシーン3号(ケーアッププロモーション)
チュートリアル(吉本興業)
南海キャンディーズ(吉本興業)
ブラックマヨネーズ(吉本興業)
笑い飯(吉本興業)

敗者復活枠 千鳥(吉本興業)
---------------------
といったラインナップ。



こうみると明らかに吉本興業が多いですね。
そんな中に初耳のケーアッププロモーションがポツン、、、

ってか、人力舎とか松竹はどうしたのよ!?
まぁ、人力は去年アンタが優勝したんでいいとしても、マツタケはますだおかだ以来元気がないなぁ。
唯一、吉本に対抗できる芸人プロダクションだと思うんですがねぇ。

第2のエリンギ・まいたけ・ぶなシメジを期待しときます。




んで、こんな話をしているとやっぱりやりたくなるのが評論。
なので、なんの権利もない私、曽我部さんが独断と偏見を持ったまま方って生きたいと思います。


まず全体として、今回はレベルが高かったですね?
去年はアンタの圧勝という感じでとんだ体たらくだと嘆いていたのですが、今年は決勝で600点台を出したグループが5組もおり、改めてレベルの高さを伺え、かなり楽しめました。


んで、優勝はブラックマヨネーズ。
M-1、1年目で大飛躍だったなぁ。
ちょっと前に見たときと芸風が大きく変わっていたのはビックリしましたが、主観・客観的に見ても優勝だったでしょう。
ツッコミの揚げ足を取る形でのボケというのは始めてみましたが、なるほどアレだと延々とフリとボケが成立させられるので大きな笑いへのよく出来た方程式だと思いました。
優勝おめでとう!!


ですが!!!
私の中ではちょっと違う。
さきほど主観的に見ても優勝とは言いましたが、それ以上に面白いと思ったのが笑い飯。
2度目の1票差での敗退でしたが、私ならこちらに入れました。

だって、あのマリリン・モンローのハッビーバースデイのバカさ加減が面白すぎるんだもん!!!

最後は珍しく声が出ないくらい笑ってましたよ。
でも、大衆向けじゃないあたりで負けた理由は理解できるんですが、もったいなかったなぁ。



それから、優勝決定戦まで残った麒麟。
1本目の終わりは最高でしたね。
で、2本目にもそれを持ってきて大きな笑いに出来るあたりスゴイと思うわ。
それから、ちょこちょこ入る子供じみた喧嘩が面白かったなぁ。
惜しかったのは、2本目の最後の「勢い~」でおそらくスベったこと。
笑いなしの勢いがイタイのは僕自身体感しまくってるので、、、

優勝決定戦に残った2組に関しては来年も漫才が見れるということでポジティブに考えとこう!


さて、あんまり長すぎてもアレなんであとは1組ずつ軽く触れていきましょう。



まず、南海。
本大会一番の主役だったはずなのに終わってみれば、最下位というなんともな成績。
まぁ、僕自身あんまり好きじゃないんでどうでもいいんですが、M-1の怖さを知った気がする。


次、アジアン。
私が今回の出場者の中で唯一見たことなかったコンビ。
女性なのに、漫才がうまい!!
が、ネタ的にはそんなでもないかなぁ。
大阪では人気ありそうだけど、来年は無理かもね。
ちなみに、南海をスベらせたのはこの人たちのせいだと私は考えてます。


次、チュートリアル。
僕は元からすごい好きで、期待してみていて実際面白かったんですが、よくよく考えてみればたいしたことしてないなぁ、なんておもったり、、、
でもあのキャラ好きなんでまた出て欲しいですね。


次、品川庄司。
最初の勢いについていけず終了!!
ご愁傷様でしたm(_ _)m


千鳥!!
ネタ自信より、最初のネタふりの時点で一番笑った。
だって、出だしが去年とおんなじなんだもん(笑)
エロネタがなかったのが残念。


最後、タイムマシーン3号。
オンエアバトルの兵。
こう考えると「タカアンドトシ」や「アンタッチャブル」などオンバト枠みたいのが少し見えてくる。
審査員の一人が言ってたけど、デブネタでおしすぎたかな?
あと、あの衣装はどうなんよ?
それから、前フリの紹介であまりにデブデブ言われすぎててハードル上がった感がある。
点数は微妙だったけど、技術は高い人たちなんでがんばって欲しい。
ちなみに、今大会での私のイチ押しでした、、、
ところで、紳助の「がんばってください」のみのコメントは、どっちの意図なんだろう?



とまぁ、やっぱり長くなってしまいましたがこんなとこですかね。
めちゃめちゃ普通に書きましたけど、たまには許してくださいね。

僕そんなアホじゃないんで。




あ~あ~、時代が泣いてる~
いくら粘っても時代って変わらないんだね_| ̄|○


予想通りなんですけど例年通り、メールすら一通も来ないクリスマスを送りました。

正直、年が行く度にイヴという感覚がなくなってきています。
それならまだしも、近年は、12/25はクリスマスではなくアフタヌーンの発売日という認識に変わりつつある現実に焦りを感じています。





こんな感じなイヴではあるんですが、ひとつだけ例年と違うことがありました。
まさに棚からぼた餅とはこのこと!




そう、なんと早朝から吐血したのです!!!








(´Д`)





まぁ、吐血ったって体調は悪くないんで喉の奥にちょっと傷が出来たくらいなもんなんでしょうが、イヴの朝から血を吐いてごらんなさいな。

ヘコみますよ(;´Д`)

朝から吐血で嗚咽ですよ、まったく。




そんな最高のスタートをきった私なんですけれども、例年通りとは書きつつも一応記録に書きとめておくためにダイジェストを綴っていきたいと思います。



午前中は、吐血を除いてだと、先日放送されていたアド街のアキバの回を録画していたのでそれを見ました。
ところどころニヤっと笑った自分がいたことに、キモいと思いつつ鑑賞。


その時思ったのだが、最近アナウンサーがメイドの格好とかしてるを見ると萎える。
それがいいっていう人ももちろんいるんでしょうが、自分にとってオタク的要素はヒメゴトな部類に入っているので、その世界が表舞台に出ているのを見ると、よく「あぁ、世も末だな」と思います。



午後になって、友達との約束を取り付け遊びに行く。

そして、いつもどおり引きこもってゲーム三昧。
バックミュージックには、私が持参作成したMD「ANIME ALBUM COLLECTION」(ガンダムメイン)及び「ANIME SINGLE COLLECTION」が延々と流れます。
ゲームはギルティギア→Xi JUMBO→ヘイロー2をローテーションでこなしています。


ここらへんのことに関して説明するならば、かなり末期的なところまで来ています。

ギルティは、普通に自分のキャラで戦うことに飽きているためEXモードもしくはボタン配置をめちゃくちゃにしてそれを確認せずに始め、Xiはとにかくノルマ100しか目指さず、ヘイローはとにかくNPCの仲間に面白い武器を持たせて戦わせるなど、、、

本来の玩具使用用途とはかけ離れた方法でしか遊んでおりません。




明らかにイヴにのっとらない形での楽しみ方を満喫しているわけなんですが、ひとつだけ嬉しいことがありました。

友達が僕と一緒にアニソンを口ずさんでくれたのです!!
二人で、延々と

「ア~ニメじゃない ア~ニメじゃない ふ~しぎなせか~い~」

と歌ってました。


唯一救われましたわ。





21でもサンタはいるさ!
今日は謝罪から入らせていただきたいと思います。

先日、「どうにかして欲しい人たち」と題しまして一番最初に鶴見辰吾さんを挙げたのですが、それは間違いでマルシアと破局したのは大鶴義丹でした。
普段からきちんと区別をしておくべきであり、鶴見辰吾さん、ひいては日記を読んでくださる皆さんに多大なる迷惑をお掛けしたことを深くお詫びいたします。



この結果を重く受け取り忘れないためにも日記は消しません(笑)
俺も赤っ恥なんだから、死なばもろとも鶴見は辰吾というわけですね(・∀・)
それから、下半分は間違ってないし!!




すいませんでした、、、今後気をつけます、、、_| ̄|○


――――――――――――――――――――――

さて、前にも書きましたが、近いうちに忌々しいクリスマスがやってきますね。

相変わらずな状態は変わっていないのですが、唯一!!!
予定が出来ました~!!!(* ´∀`)
しかも、女の子と~~~!!!ヽ(´∀`)ノ
















うっそぴょ~~~んヽ(´∀`)ノ

・・・・・・・・(´ー`)

・・・・・・(´_ゝ`)

・・・・(つД`)

・。゚(゚´Д`゚)゚。ウァァァン

_| ̄|○




むなしいわ~_| ̄|○

このオチかたもそうだけど、「うっそぴょ~ん」ていう表現を使う自分も悲しいわ~


まぁ、全部が全部ウソじゃないんですけどね。
クリスマスの夜に飲みに行くことになったのです。
もちろん男二人で!!
ここの倍率はディープインパクトよりも堅い!

例年よりレベルが下がったなぁ、、、
でも、ここまで来るとしみじみできるわぁ、、、




それはさておき、こんな状態じゃ新年を迎えられない!
スタートラインより大きく後ろからの出発じゃいけない!
少しでも前から行かねば!
という思いのもと、少しでもクリスマス気分を味わうために僕は考えました。


「あぁ、子供の頃はクリスマスがすごく楽しみだったなぁ。あの頃は夢いっぱいで、夕食はいつもとちょっと違った嗜好で幸せ気分いっぱいで眠ると次の日にはもっと嬉しいサンタさんからもプレゼントがあった。いつから僕はこんなにも廃れてしまったのだろう」と


こんな状態が何時までも続いていいわけはない。
そこで、一念発起、これを提案しました。
題して!!!
















一人サンタプレイ!!!





説明しよう!
『一人サンタプレイとは、自分で買ったプレゼントを自分の靴下にねじ込み、いったんそのことを忘れてから眠りについたあと、翌朝に起きるとあら不思議、枕元にはプレゼントが!!ありがとうサンタさん、僕いい子になるよ!』
といった、なんといわれようと、北欧ではごく一般的に行われている行事なのだ!!

参ったか、このプッシーども!!




まぁ、元ネタは深夜の馬鹿力のネタハガキですが、
そんなわけで、プレゼント選び開始だ!



さて後ろは振り返らず、さっそくだが「ゲームセンターCX」のDVD-BOXを発見!
ウチではCSは見れないが定期的に民放でやっている時は、欠かさず見ている番組のDVDである。
どんな番組かというとよゐこの有野がナビゲーターとしていろろなゲーム情報を調べたり、あるいは昔のゲームに一日ぶっ通しで挑戦したりといった番組内容である。
(今年はこの手法をパクって、ゲーム忘年と称し24時間でゲームクリアを目指すという諸行に挑もうと思っている。今考えているのはスペランカーあたり(笑))



早くも気に入ってしまいカートへと移行。
これだけでもよかったのだが、いつものくせでどうせ買うならいっぺんに買おう病が始まり、さらに散策開始!!!



う~ん、なかなか良いものが見つからない。
去年某お買い物サイトで、散策中に見つけた「AJFアニたまライブ2004」がとてもよかったので、今年は「bridge」もあったしそれ系で探そうと思ったのだが、ダメみたいだ。
探せど探せど出てくるのは、アニメのOPとかドラマCDだとかうそつきアリスだとかしかない!
もともとごく少数しかないジャンルなので見つけ出すまでが果てしないのだ。


仕方なく、他のジャンル別にボーっと見ていると「お客さま用おすすめページ」というものがあることに気づいた。
めんどくさいからここから選ぶか、とそいつをクリックして一番最初に出てきた商品が、ドーン!!!!












世徒ゆうき「ストリンジェンド」!!!







よし!買った!!


あぁ、これで、いい新年を迎えられそうだ、、、





どうにかして欲しい人たち
誰しも世の中生きていれば、どうにかして欲しい人に出会うのではないだろうか?
この人とは馬が合わない、この人はなにを考えているかわからない。
そんなある意味の哲学を兼ね備えたこの題名。




だが、中身は特にない。
三日更新してなかったから、適当に引っ張ってきただけのテーマである。



だけど、そんな僕を許して欲しい!

なぜなら、レポート・エントリーシートをほったらかしてまで書いてるのだから、、、
17日に企業の面接があるというのに情報がなく途方にくれているのだから、、、
言いたいことも言えないこんな世の中だから、、、ポイズン


そんな時、僕は、盗んだバイクで走り出す
行く先もわからぬまま
暗い夜の帳の中へ














野グソポイントを探しに(´Д`)






うーん、久しぶりに書いたら今までとかなりエッセンスが変わってきたなぁ。
何とかしなければ、、

―――――――――――――――――――――

ってことで、題名より。
誰か鶴見辰吾を何とかしてください!


まぁ、多少古い話ですがね。
マルシアとの離婚があったじゃないですか。

その時に同じ男してはなんとも情けない「マーちゃん、ホントにごめん!許してください」という発言をしていたのを何人かの方は覚えているんじゃないでしょうか?
記者の前で頭を垂れ、泣きそうな顔をしているのがなんとも印象的でした。


時は流れつい一ヶ月くらい前でしょうか。
某テレビ局の某番組内にてトークゲストで鶴見辰吾が来たのですが、その時思ったこと。













うわー、あんたそんな高い位置からものを喋る人だったんだ~
でも、説得力ないね~






トークが始まる前から僕の頭の中には「マーちゃん」発言が激しく残っていたので、ダメ男の札が大きく張っていたのですが、トークが始まるや否や圧倒的な威圧感!
あの醜態をさらしてなお、高みからものを喋れる神経!





ある意味関心(´ー`)




ってか、そのときのトークホストも多少嫌がってたよう気がするし!

とにかく、辰吾さんその強気な態度をいつまでも忘れないで!!




続いて、保坂尚樹さんについて。
こちらについては、、、言わずもがなだなぁ~。


思考的には上の方に近い可能性もあるのですが、彼のほうがよりアレな感じですね。

ただ、彼の場合は発言が面白い!
記者が尋ねてこう返ってくるであろう、こう返して欲しいであろう形を思いっきりぶち壊す人ですからね。
芸人だったら、ここまでフッたのにって感じなんでしょうか?
その例を挙げるならば、TBSオールスター感謝祭でミニバイクレースを1位で終えたときのアナウンサーとの掛け合いで、、




「保坂さん、優勝おめでとうございます!」


「ありがとうございます」


「今日はさっきまで雨が降っていたので地面がぬれていたので、大変難しいレースになったと思うんですけれども?」



「いや、全然。」



「・・・」



「・・・」



「1位でゴールしたときの感想は?」



「大したことないです」



「・・・」



「・・・」



「ありがとうございました」





いやぁ~、おそらくあと30秒喋ってたら小林麻耶は泣いてたね(笑)
それくらい淡々と強気発言を答える人だからね。

でも、彼は鶴見と違ってそのままでいい!!
面白すぎるもん!
もちろん、近くにはいて欲しくないですがね。






そして、最後にサダ!

彼は何とかして欲しいというより、何とかしてあげて欲しいというべきかも。
生ダラが終わって以来、芸能界で瞑想し続ける定岡正二。
たま~~~~~~~に、珍プレー好プレーで見たりするぐらいで他への出現率が極端に低い。


ただ、生ダラの頃の彼は本当に面白かった。
出川哲郎ばりにろれつの回らない舌。
そして、PK対決の際にあみ出した「ナイアガラドロップキック」という意味のわからないネーミング。
そして、芸能界には絶対に入らない宣言をした引退表明。

どれをとっても一級品のボケである。



そんな彼をどうにか救ってあげたい。
誰か彼に救いの手を!!

サダーズに幸あれと!!




砂をつかんで立ち上がれ!
この間のエンタに続いて、昨日は初めてハニカミプランを見てみることにした。
何で今までこの番組を見てこなかったのか、理由はひとつ!



ひがんでるからですよ( ´_ゝ`)

そりゃあもう、他の追随を許さない勢いでひがんでるからですよ( ´_ゝ`)



だってデートも出来ない身分からしてみれば、まったくその必要のない色男と美女がわざわざはにかむようなデートをさせるなんていうのはワケがわからないじゃん!




不公平だ!!
やってらんね!!

って、なるじゃん。
まぁ、今のは「ルパン三世 バイバイリバティー危機一髪」からの引用なんですが、、、

こんなことばっか考えてるから彼女出来ない説があるのも事実!
でも、やめられないの(つД`)



ルパンのせいでかなり湾曲にだとは思いますが、僕の気持ちが少しは伝わったと思います。
すなわち、なんでこんなに僕がやっかむのかといいますね?





羨ましいからですよ(´・ω・`)
のどから手が出て、テーブルの上のいちご大福を「いっちょあがりー」って奪っていったのを呆然と見ているしか出来なったぐらい羨ましいからですよ(´・ω・`)



なにが羨ましいかって、、、


親父が総理大臣になって欲しいなんてこれっぽっちも思ってないです。
それからそれに便乗して芸能界に入りたい、なんてことも思ってません。
親父がフォーエバーラブを歌おうが歌わまいがどっちでもいいです。
でもね、













俺だって、田畑智子とデートしたいじゃん!!!




わかってる、みなまでゆうな_| ̄|○
みなまでいってくれるな_| ̄|○
もう十分苦汁はなめたんだ_| ̄|○


僕の気持ち、わかる?

アニメ好きジャン
ちょっと間が開いてしまいました。
その間に何をしていたかと申しますと、正直潰れていました。

あぁ、はやく今週終わってくれ_| ̄|○




月曜・水曜は会社説明会で、火曜は車の卒検に行ってきたのです。
正直たいしたことないじゃん、って思うかもしれませんがインドア学部人見知り学科の代表として言わせてもらえれば十分疲れます。

しかも、卒検は落ちました、、、_| ̄|○



始めは悔しかったんですけど、シートが返ってきて点数見たら
、、、






      ――――――――
     |       81点|
     |          |
     |          |
     |          |
     |          |






うーん、落ちて当然だったな( ´_ゝ`)

1、2点足らない分には悔しさもありますが、正直10点近く足らなきゃ悔しくもなんともないですわ。

むしろ、身の程を知れと(´・ω・`)





―――――――――――――――――――――――






さて、本編はアニメについて語りたいと思います。
「いつも語ってんジャン!」と御思いでしょうが、今回は違うんです。
何が違うって、日曜日のことなんですが、翌日・翌々日にいろいろ控えているのに一日中アニメばっか見てたんです。
だから、それくらいの権利はあってもいいでしょう?!!(ヲイ)

自分の記録として残しておくという意味でもあるんですが、、、




まぁ、そんなダメ人間エピソードはさておき、書きたいことはたらふくあるのでとりあえず最近借りて見たアニメから潰していきましょう。

一応、書きやすいレビュー方式でいきます。
簡単な評価は、一番最後に『名作←傑作←佳作←良作←駄作』ぐらいの順で書いておこうと思いますんで、良かったら参考にしてもらって、見るもよし、カラスよけにするもよし、ご自由にと、、、

それでは、ハリキッテ!!!



『ほしのこえ』
新海誠の出世作なのかな?
なんとなく出た頃から名前だけは知っていて、たまたま他に借りるものがなかったので見てみることにした作品。




が!!!
正直、私はうんこだとオモタ、、、(´・ω・`)
2時間くらいの映画だと思ってみたら30分のショートムービーだったのだが、その割にはややこしい設定にしているせいで全然世界観がわからないし、登場人物の性格もよくわからん。


普通こんくらいの尺で映画を作るのであれば、伝えたいことも設定もわかりやすく簡単に作るのが一番効率的だと思うのだがその両方を逆にいってるんで私の評価としても低いですなぁ。


絵も3D特有の違和感があって、まったく萌えない(´Д`)
まぁ、よっぽど嫌いなタイプの絵じゃない限り気にはしないんですが、、、

意味から考えれば駄作かなぁ?




私の余談だが、久しぶりに「萌え」という言葉を文章として書いた。
そして、初めて言葉として発言したときは「茉莉ちゃん、萌え」だった_| ̄|○



『ファンタスティックチルドレン』
アニメ自体は2クールぐらい前に終わったんだったかな?
当時は、私は某声優のファンなのでそれ目当てで見初めたのだが、設定のややこしさや古っぽい絵、テンポの遅さなどから初期は見るのが億劫で仕方なかった。

が!!!
次第に謎が解かれ、そして随所に絶妙な盛り上がりがあり、次回を楽しみに待つようになった!!!
そして、待ちに待った最終回!!!











見逃した、、、_| ̄|○

こんなん多いですよね(つД`)


そんなこんなで久しぶりに借り直して最終4話を見直したわけなのですが、




最高でした!!!
(やっぱり、フォントが小さいと感動が伝わりにくい)




おそらく、ダメな人は最初の絵の時点でアウトなんでしょうがストーリーはしっかりしてるし、登場人物の性格なんかも個性があって僕はスゴイ好きでした。


ってか、漠然と見てましたがよく見てみたら結構スタッフにはスゴイ人がいたんですよね。
原作/監督/キャラクターデザインが「なかむらたかし」さんで、美術監督に「山本二三」さん。
それから音楽担当に「上野耕路」さんで、そして、個人的に好きな「梁邦彦」さんがエンディング担当でした。

ちなみに一人ずつ軽い紹介をすると、
「なかむらたかし」・・アキラの監督
「山本二三」・・・・・ジブリとかにも関わってる人
「上野耕路」・・・・・老舗で音楽の幅が広い
「梁邦彦」・・・・・・英國恋物語エマの音楽担当者
となっています。


こんな人たちが作ってるわけですから、僕が評価するなんて持ってのほかなんですが、正直あまり周りからの評判を聞かなかったので人気がないのかと思ってました。
まぁ、良作と人気は別物なのでやっぱり絵的に受け入れられてない可能性もないとはいえないのですが、はっきりいって名作だと思います。
上にも書いたとおり、シナリオも登場人物もそしてここぞという時の演出もすごく良かったです。




正直に言いましょうか?

泣きましたよ?

えー、そりゃあもう、シクシクシクシク泣いてましたよ?


どんな作品にも終わりが一番重要だと思うんですが、これはしっかりしてます。
胸のつっかえが残りません。

DVDが欲しいです!!
働いてないので買えませんがね!



上にも書きましたが、僕の評価は「名作」です!






と、まぁこんなかんじなんですが語りすぎちゃうので余りいっぺんに多くの作品は扱えない感じですが、小出しにしていこうと思ってるので、良かったら今後も見てください。

ちなみに次回は、「蒼穹のファフナー」を予定しております。
お楽しみに!!










あっ、それから反対意見のある方!!

単なるニートかぶれの発言なんで、そんなに気にすんなよ!!






それでも、友達?
今日は友達の学校の学祭に行ってきました。

学祭とは言っても、友達の学校は専門だしそんなにでかい所ではないのでこじんまりとやっている程度なのですが「とりあえず劇に出るから是非見に来い」ということなので、足を運びました。

友達の両親ともう一人の友達と合計4人で行ったのですが、私以外は去年も学祭を経験しているので、行く途中に去年のことをちょこちょこと聞いてみました。
すると、「基本的にアウェー」「劇ではキモいコールが起こる」など、早くもネタになる予感(まぁ、しとるんですが、、)

半信半疑ながら電車を乗り継いで駅に到着。
そこから、5分くらい歩いたところに学校があったのですが、、、






うーん、さびれてる!!

そして、盛り上がってない!!




どうやら間違った予測をしていたらしい。
予測では、普通の大学クラスの盛り上がりがあるもんだとばっか思っていたのだが、否。
へたしたら、中学の学園祭以下の盛り上がりだったかもしれない、、、


とにかく、入館!
その後、見るものもなくうろうろとしていたら自然と劇の時間になったので体育館に移動。
後ろのほうの席に腰を下ろして劇の始まりを待ちました。


座ってから10分程度経ち、前にある無数頭のせいでまったく画用紙が見えない状態での紙芝居が終わり、ついに友達の出番となりました。


ブザー、演目の紹介、拍手とともに幕が上がります。







(´,_ゝ`)プッ



幕が上がってすぐに連れ添いが言っていた言葉を理解しました。
この言葉を正確に伝えるには~~?

えーっと、あっ、これだ!!



それじゃいくよっ、せーのっ、、






















雑!!!





見事に答えが一致しました( ´∀`)

しかも、ただ“雑”なだけならともかく、全てが“イタイ方向に雑”なんですね(笑)


たとえば、



①背景を貼り付けられないためか、後ろのほうで背景を持っている人間が多数いるのだが全員上から顔を出している。

(注・こんな感じ↓)

  ○  ○  ○  ←顔 
  〈 〉 〈 〉 〈 〉 ←手
 ---------
|            | 
|   背景      |
|            |



②男女、配役の性別を逆にしているので基本キモい(友達はティンカーベル役でした)


③漫才風にナレーションをしていたのだが、ツッコミが鬼武者バリに棒読み

例・知ってるのかよ! 踊るのかよ! など


④途中、何の脈略も無いところで、友達がなぜか同級生らしきの男に突進!突き飛ばすも、客は当然、意味がわかるはずもなく思いっきりスベリ、会場ドン引き状態(個人的にはこのシーンが一番面白かった)


⑤相変わらず頭で前が見えない


⑥音響設備がないため声がほぼ聞こえない


⑦おばあさん役の服が東京都指定ゴミ袋





などなど、逆にツッコミ満載で楽しませていただきました。

私の周りも、おかあさんが子供のダッコする向きを急に変え始めたり、顔を伏せてちゃんと見れない人が居たり、横の方からリアルなトーンで「・・・もう・・・限界だろ」なんて声が聞こえてきたりかなり楽しんでたみたいで(・∀・)


いやぁ、今度友達に会ったら絶対台本貰おう(* ´∀`)








でもね?




ただ、一個気がかりがありまして、、、







なんつーか、その、、、、








こいつら、保育士なんですよねぇ、、、、






だからね、何が言いたいかってイイマスト、、、






これは、実は入ってすぐに思ってたことなんですが、









「コイツらには絶対俺の子を預けられない!!」









言いすぎなことはわかってます。
一生懸命な人もいるでしょうし、もしかしたら、お前性格悪いなって思われてしまうかもしれない。




でもさぁ!!
青のジャージの上から白い布をパッチワークしてドラえもんの格好してるやつとすれ違ってみ!!!
不安になるって!!!









ネタができて嬉しかったですが、本当は帰り道ほぼ途中までは無言でした。
小梅気分やな、、、




あれが神様ならいなくてイイ!!
本日は、ワールドカップグループリーグ抽選結果発表だぜ!!ブラジルなんてぶっとばせスペシャル(出演 セルジオ越後・松木安太郎)をお送りする予定でしたが、放送予定を変更してお送りさせていただきます。
ご了承お願い致しますm(__)m


“無類のサッカー好き”の私がその意志を曲げてまで話したかったこと、語り継いでいって欲しかったこと、小一時間問い詰めたかったこと。
サッカーを超える感動がそこにはありました。


そう、それは、今日の夜のこと、、、、








今日も今日とてサタデーナイトだというのにやることのない私が、たまたまテレビをつけると日テレの「エンタの神様」がやっていました。
私はもともと「エンタの神様」、ってか日テレのミーハー層狙い自体が好きじゃないのであまり手をつけていませんでしたが、普段食わず嫌い的な感覚で批判してばっかいたのでたまにはじっくり見ようじゃないかと腰を下ろしました。

思えばこれが間違いだった。




始まってから数分後、とある芸人が現れました。
その名は「小梅太夫」!
すでに嫌な予感はいたのですが、自分なりの建前があるので小梅のネタを見たのですが、、、、、












(´Д`)
















なんだ、アレ!!!!!








もう一回いいましょうか?





なんだアレ!!!!




あー、今日ほどフォントが変更できなくて悔しかった日はないなぁ、、、
上のフォントを100にしたい!!!

あれほど見るのに体力使う芸人は久しぶりでした。


あぁ、マジ犯された気分だわ(´・ω・`)





でも、わからないのが会場の雰囲気なんですよね。
ヤツがチキショーっていうだけで会場が笑いの渦に巻き込まれるんですよ?
僕は、エンタはテロップ出しすぎで好きじゃないけどそれなりに面白いネタをやっている芸人もいるし、全否定はしないさ。

でも、あれはアリなの?
もしアリだとしたら、渡る世間には敵しかいないわぁ( ´_ゝ`)




まぁ、お客さん、今日はこれだけじゃないんですがね。


小梅に犯されてから、お風呂に、どうしてもお風呂に入らずにはいられなかったので、エンタフルコンプを挫折_| ̄|○
熱いシャワーを浴びにいったのですが、なんとなく後ろめたさが残っていたので風呂上り後もう一度トライしようと思い、風呂から上がった後部屋に戻りテレビをつけました。

すると、今度は「桜塚やっくん」という芸人が登場です。
またも、やな予感、、、、



















(;´Д`)














アイツ、だれや!!!












っていうと、思いました?


僕も、そんなワンパターンではないですよ(・∀・)

まぁ、相変わらず苦手なタイプではあるんですが、さっきがさっきだったのでまだKOにはなりませんでした。





しかし、ふと見ている間にある違和感に気づきました。
アレ、この人どっかで見たことなかったっけなぁ。
声もなんとなく聞いたことあるような
えーっと、誰だっけ、えっと、、、、、










あーーーーーーーーー!!!











あぁ、やっくん(つД`)







すべて思い出しました。

彼は、あばれヌンチャクの片割れでネタでは同じやっくんと名乗っている人でした。
僕はあばれヌンチャクはそんなに好きじゃありませんが、ネタはしっかりしてますしコントも出来るので小梅よりかははるかに上だと思うのですが!
がぁぁぁ、、、、(つД`)

なんだよ、桜塚って_| ̄|○


ってか、エンタ的にあばれヌンチャクじゃいけないの?
彼らはもともとエンタ向きの紙芝居式漫才でやってきた人たちなので、ピッタリだと思うんだけどなぁ、、、


しっかしパペマペのいじりようも酷いけど、やっくんは酷いなんてもんじゃないね。
ネタが客いじりしかしないっていう。
外道中の外道じゃん!




エンタさん。
あんまり若手芸人を不良債権にしないでください。




甦るがいい!アイアンシェフ!!
さて、今年も忌々しい季節が近づいてまいりました。
おそらく普通の頭脳をお持ちの方ならば誰しも、あと半月もすれば新しい年と日々が始まるというのに何を言っている?、とお思いかもしれませんが、その前に何か忘れていませんか?


そう、クリスマスです。
では、何故クリスマスが忌々しいのか?


そんなことはたかがしれたことです。
日本人口の何割もいないキリスト教のお祭りを何故我々が祝うのか?
僕から言わせて貰えば、逆に人々が祀り上げられですよ、祝う気持ちもないのにキリストの生誕を祝いケーキを食らうという大変矛盾した日であると、言いたいわけですよ。

そして、何より何故あんなにも若者は盛り上がるのか?

「クリスマス前だから早く彼女作らなきゃ!」なんてそんなのは間違ってる!
だから、彼女いない人はそんな奴らを逆に下に見てやりましょう!!
僕と岡村隆史はあなたの見方です。


で、結局なんでそんなにもクリスマスが嫌いなのかっていいますとね?







正直、悔しいんですよ_| ̄|○


毎年毎年、この時期が来る度になにかあんじゃないの?と、期待を持っている自分が恥ずかしくなりですね、死にたくなるわけですよ_| ̄|○

僕も人だから。

男共で集まって野太いキャーキャー声のする飲み会も楽しいっちゃ楽しい。けど、お会計でおばちゃんに「あんたたちクリスマスだってのにねぇ、、、」って言われてごらん。
未来なんてこの世にはないさ、、、_| ̄|○

人間だもの、、、(´ω`)





そんなこんなな過去なんで泣きたいのさ( ´_ゝ`)

まぁ、今年も例年通り、世間様が無駄な液体を流している間に、僕は戦争映画を見て涙を流して過ごしますよ。


ちなみに、戦場のメリークリスマスは関係ないです!!
見る映画もバンドオブブラザーズなんで。





正しい歴史
いやぁ~、もう排仏派んとこの物部守屋さんは腹立つわ~。
なんやねん、アイツ!!
毎回毎回ウチんとこのせがれの悪口ばっか言いふらしても~。
うるさいわ~、ホンマに。
仏教好きで何が悪いねん!
ワシ、今までも敏達天皇先生時代からずっと仏教いいですよ~ゆうて先生に進言しとったのに急に出てきて仏教はあきません!
はぁ、ゆう話やで!
あれ、絶対嫉妬やわ。
ウチが重用されてるから、邪魔しにきたに違いないわ。
あ~、も~、どうしよ!!?
・・・・。
せや、聖徳太子さんとこに連絡して協力してもらお。
あそこのうちも仏教いいですよ~、ゆうてた人やからきっと助けてくれはるわ。
んで、あとはリーダーが必要やなぁ。
誰にやってもらお。
・・・・。
あっ、用明天皇先生んとこの異母弟の泊瀬部君がええわ。
泊瀬部君いい子やし、PTAの評判もええからきっといいリーダーになってくれるわ。
よし、こなったら全面戦争や。
ワイのほんまもんを見せたるで!!
ヤツのタマ、とったるわ!!




私のマンガの歴史
みなさんも少なからずマンガを読んだことがあると思います。
なので今回はタイトル通り、私が生まれてからの今までのマンガの遍歴を雑誌及びタイトルのレベルで紹介してみたいと思います。


----------------------


まず小学生時代。
この頃は、まだ読んでいるマンガも可愛らしく『コロコロ』を愛読しておりました。
その中でも特に沢田ユキオ先生のスーパーマリオ君にお熱で、20巻近くまで集めた記憶があります。

しかしながら、子供というのは無知であり、それがまた残酷なもので、あれほど確認したのに月刊と別冊を間違えて買ってきてしまう。
或いは、単行本ドラえもん43巻を買って帰宅するが、本棚におんなじのがあって膝から崩れ落ちる、などあって今想うとなんとも悲しい末路を辿っていることもしばしでした。゚(゚´Д`゚)゚。ウァァァン

私のハングリー精神は、あの時作られたといっても過言ではないでしょう_| ̄|○



次に中学時代ですが、このときは三国志にハマり「横山光輝・三国志」を一気に60巻買うという勝負に出ました。
購読雑誌はないのですが、僕のマンガ遍歴はコロコロ→三国志というどうやっても普通はつながらないであろう発展を遂げることになりました。




そのままの三国志お熱状態が続き、高校に入ります。
すると余りに歳を追い過ぎたせいか、ここでガンガンまで頭が戻ることになります。
その頃のことは明確に覚えてまして、アニメで「南国少年パプワ君」と「魔法陣グルグル」がリニューアル放送をしたためだと記憶しています。
ちなみに両方ともマンガはコンプリート(・∀・)




と、こんな感じで大学時代に入っていくんですね。


そんなに細かく書いてないんでわからないかもしれないですが、結構自分の年齢に比例してない雑誌の読み方だと思います。
高校のときに少し「島耕作」とか呼んでましたし(エロ本の走り?( ´_ゝ`))

ただ基本的にどの時代もジャンプ・マガジンなど一番主流と思われるところには手を出していません
天性のひねくれ者なんでね(´・ω・`)
ビートルズのhallo goodbyeみたいなもんですよ



今現在のムーヴメント(笑)は、後々書く気になった時にでもご発表を、、、




はじまらないまま、はじまっちゃった
どうも!
ジャブローという言葉を聞くだけで顔がニヤけてしまう事ありませんか?
僕は、電車の中で笑い顔を隠すのが大変です!!!

こんにちは、電話さんです。



最近、というかむしろちょっと前から気づいていたことなのですが、ブログってしんどいですねー。
なるべく面白く書こうというのが始めたときのポリシー的なヤツだったので、簡単に書けばいいのにどんどん熟考していって、ひとつ書くのに大体1時間近く掛かるようになってきてしまいました。
本末転倒(´・ω・`)

そして、僕はこれから就活に入ります(笑)

いうなれば自分の首を絞めている状態です。

始めて2週間で妥協は、あまりにもアレですし今のところは書いているのが楽しいので続けでいこうと思ってます。
が、いつ飯塚隆史(ドン・フライでも可)の胴締めスリーパーが決まるかわかんない状態なんでね。


1147031536.jpg

飯塚隆史氏


とりあえず、何が言いたいのかって言いますとね、、、
一体なんでこの時期に始めたんだろう、、、







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。