プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフタヌーン
P5250097.jpg


あぁ、ついに「げんしけん」が終わってしまいましたね(つД`)



自分的には名残惜しさ満点な気がしてならないですが、笹原が卒業ですからしょうがないのかな?
ってか、ほとんど笹原単体で目立ったシーンはないんで、主人公的な感覚はやっぱりないのですが、、、

笹×荻もほぼ荻上さんのトラウマ話がメインでしたしね。



まぁ、でも一応きちんと一区切りされてたので良かったですよ。
ストーリーとして完結してるし、ハッピーエンドだったし(´・ω・`)




アニメももっかい続きやってくれないかなぁ?
短縮はされてたけど、マンガの途中までしかやってないし個人的にはその頃かなりかぶりつきで見てた好きな作品だから、是非続編希望♪


もちろん、最後まで!!




ちなみに、自分はその頃からアフタヌーンは購読し始めたのかな?
同時期に「無限の住人」のマンガを友人から借りて、「ああっ女神さまっ」がアニメ化されてた頃のはず。


今じゃホントにどっぷりですわw
発売日を逃したことがないっつー、、、w



最近だとやっぱり「おおきく振りかぶって」がメインですかね?
もちろん手堅く「蟲師」「ああっ女神さまっ」あたりも好きですが、伏兵として「臨死!江古田ちゃん」「カラスヤサトシ4コマ」「G組のG」あたりの寄せの強さがお気に入りですねw

ぶっちゃけ、かなり濃い~面子ですが、、( ´_ゝ`)
ってか、やっぱオタク率は高いかなぁw





でもやっぱり今は「おお振り」が一番!
あれもいつかアニメ化して欲しいけど、最近だと早めにアニメ化して中途半端になることがトテモオオイノデ、じっくりと勧めてほしいっすね。
むしろ、終わってからでもよろしb

アフタヌーン内でもかなりページ数割いてるわけだし、ポテンシャルとしてもそんじょそこらの作品には負けないものを持ってるのだから、是非お願いしたい!





まぁ、とにかく今回は木尾士目先生お疲れ様&ありがとう記念ということでの執筆でした~


ばいび~ノ






スポンサーサイト
アイデアで料理を作るときっとロクなことがない
ども、名人です。





バク(獏)はウマ目(奇蹄目)バク科に属する哺乳類の総称で、成獣の体長は1.7~2m程度だそうです。
ブタのような体つきをし、ゾウの鼻のような口吻が特徴。
奇蹄類はその名が示すとおり、通常奇数の指をもつが、バクの各脚の指の数は、前脚が4本、後脚が3本と珍しげな感じです。

1属4種が中央アメリカ、南アメリカ、東南アジアの熱帯から亜熱帯にかけての森林地帯に分布中。

水辺を好み、鼻先だけ水中から出すことで数時間水中にいることが可能で、葉や果実など植物性のものを食べるそうです。



ちなみにクサイ。






---------------------


さて、気付けば5月も佳境。
mixiを始めてから、約半年強が過ぎました。


始めた当初は、マイミクの人数も二桁にすることもなくほぼ自己満足だけのための日記として稼動させる予定だったのですが、日常とは人を変えるものですねv



というよりも、

「mixiやってるの?」

と聞かれると、性格上

「何それ?・・・チョーうける~w」

とは、言えない為意外と速いスピードでネットワークが繋がってしまいました。



NOといえる人間になりたい(--;)





こんな風に書いていると反感を買いそうですが、別に友達が欲しくないとかそういうわけじゃないのです!!
というか、むしろ逆!!


じゃないと、友達のブログパクって足跡増やしてみようとか思いませんもんw
まぁ、その計らいは見事に裏目に出たわけですが、、、(つД`)




それでは、一体何故自分がこんなにもひた隠したかったのか?


正解は至って簡単。






恥ずかしいじゃん(*´Д`*)


自分、ココにあるのは劣等感だけだし_| ̄|○










あのねぇ、自分の顔見知りのみんながみんな自分がオタクってことを知りえてないわけですよ。

知りえている人間もそこまで重度なところは見せたことないし
(´・ω・`)v


むしろ、たま~~~に自分をちょっとクールな変なヤツとしか見てない人も居たりしますしねぇ。


まぁ、それもあながち間違いではないのですが、、、





それを考えるとどうにも後ろめたさが残るのが現状。

友人のために自分を捨てれない自分。

頭が下がるばかりです。







自分、不器用ですから(-_-)











まぁ、そんなこんなでそれなりに理由があったわけですが、友人が出来たからには覚悟なきゃね。
少しずつ自分を晒していきますよ。




面白く書いていきたいもん。
自己満の域はなかなか超えませんがね( ´_ゝ`)








そして見る側の皆様には、ハマーン専用ガザCを「チョーカッチョE」と地で言っている自分を願わくば見損なわないで(ノД`)
いあいあ、むしろ見下さないで~(つД`)






紙切れ
どうも、こんばんは!


最近はどうも更新が滞っておりますな。




昔は週に3~4更新して、就活始まっても週に2回は更新していたのですが、さらに減って週1へ、、、
果ては、アメリカンジョークですからねぇ(-_- )


もうわけがわからないw



いかんせん、不義理を尽くしている限りでございますm(_ _)m
申し訳ない(――;)








それはさておき、今夜はちょっと運命を感じたお話を、、、。


自分は神仏系統のものはほとんど信じないタチ(俺神は信じるけど)なんですが、願掛けというものはよくしてみます。
で、今就活しているわけでその中でなんとなく気にしつつやっていることとかもあるわけなんですね。




例えば、最近、志望度の高い企業で面接があったときに1度、リストバンドをかばんに忍ばせていきました。
それは、青色で坂本真綾さんのイベントでもらった物でした。


ちなみに、その結果2次に薦めてたりするんですが、まぁ、こういう気持ち程度の切り替えもこめてよくやるわけでございます。





一方、就活から延々とやっていたのが切符の番号でした。


知ってますか?
切符には1枚1枚、4桁の数字がついてるんですよ?



で、就活始めてからなんとなく自分の中でその数字がそろった時にきっといい事があるんじゃないかなぁ、という願掛けをしていたんですね。


まぁ、今考えれば、かなり可能性の低い願掛けですから自分でもかなりアホかと思うんですがね、、、
だって、9999ある数のうちからゾロ目や数千番台、並びなんてのはあっても数十種類しかないわけですから、むしろこれに乗っ取って就職活動していったら普通は受からないのが当たり前ですよ。




で、来るべきXデーこと今日!!



久しぶりの就活でなんとなく落ち着かないまま家を出て改札に行って切符を買いました。
ほいで、何気なく切符の番号を見てみると、、、



『4870』



それなりにキリのいい数字が出ました。
実は今までの過程で昔のバラバラだった数字から最近徐々に、3546とか8759など、なかなか惜しい数字が続いてたのです。

そこへきて初めて0終わりのキリいい数字だったので、なんとなく気分が良かったんですね?



で、説明会行きました。

筆記試験受けました。

説明会終わりました。



まぁ、内容はともかく筆記は特徴ありそうな結果(論理が抜群に出来た)に出来たので、それなりに満足して説明会場を後にし駅に向かいました。


で、フツーに切符を買ってフツーに改札を出ました。
電車に乗ってから、なんのきなしに切符の番号を見てみると、、、





『9000』







( ゚д゚)ポカーン





うおっっ!!!!
こ、、これは、、、、、




(( ;゚д゚))アワワワワ


(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル




(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク








うそだろ。。。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!






『58番のお客様、単発・単発』
『230番のお客様も単発・単発』
『6番のお客様、お会計です』
『9000番、9000番のお客様、、、』
『9000番のお客様、確変入りました~』
『繰り返し申し上げます』
『9000番のお客様、確変入りました~♪』






かなり適当なパチンコ店のイメージw




いや、でも、ホントに焦りましたよ。
期待もしてないし、別にそれに全てをかけていたわけじゃないけど、少し気にする程度ではあったんで正直ビックリ!!

そして、かなり嬉しかった。



もちろん、これで就職活動がうまくいくとは思っていませんが、苦手なポジティブシンキングを自然と取り入れられる材料ですもの。
ホントにありがたいものだと思ってますよ。




もちろん、切符は駅に付いてから駅長さんにお話してもらって帰ってきましたv

多少気力UPです♪




--------------------------



自分、ブログに書くこと、こんなにきれいなことだったっけ?






American jokeⅡ
先日、私が部屋でくつろいでいると友人のジェニファーが僕を訪ねてきたんだ。


「やぁ、ジェニファー」


「ハイ、トニー!!」


「今日は何かようかい?」


「あら、私が用もなく来たら迷惑なのかしら?」


「おいおい、ジェニファー勘弁してくれよ」


『HAHAHA、、、』


そんなふうに談笑しているとジェニファーが僕の手元を見てこういったんだ。

「あらあなた、その手に持っているものはなぁに?」


「あぁ、これかい?これはさっきまで見ていたDVDのパッケージさ」


僕がパッケージをかざしながら説明すると、彼女がこういった。


「もしかして、ロマンポルノ!?いやだ、もう。トニーったら昼間っから元気ねぇ」


「おいおい、勘弁してくれよ。一応設定ではここはアメリカだぞ!!せめていうなら、ピンク映画だろっ!!」


「いっけな~い、これはいろんな意味で一本とられちゃったわね」


『HAHAHA、、、、』


ひとしきり笑い終えたところで、彼女がそれについて質問してきた


「ところでトニー。あなた、実際は何を見てたの?」


僕はこう答えた


「マーズアタックさ」


すると、彼女が続けざまに質問してきた。


「へぇ~、始めてみるわね?どう、内容は?面白かった?」


「う~ん、良くも悪くも普通かなぁ。インパクトに欠ける気がするよ」


すると彼女は不敵な笑みを浮かべながら


「あら、なんのとりえもないあなたがそんなこと言うなんて、、、よほど退屈な映画なのかしら」


と、返してきた。


そして、僕はこう答えたんだ


「まさに、そのとおりだね」


『HAHAHA、、、』


ひとしきり笑い終えたところで、彼女がそのDVDに興味を持ち始めた。


「そんなにひどい評価なら私も見てみようかしら」


僕はこう答えた


「別に勧めはしないけど、特にダメとも思わないから自分で決めるといいよ」


すると彼女は少し考えながら、私にこういってきた


「今見たこの映画、あなたが星をつけるとしたら3個中、何個なのかしら」


僕はこう答えた


「う~ん、まぁ、2個かなぁ」


彼女がこういった


「そのココロは?」


「まぁ、マーズアタックだけに、星2つってことで、、、まずまず、、、、まーずまーずってことかな」


「あらやだ、トニーったら」


『HAHAHA、HAHAHA、HAHAHAHAHAHA、、、』





American joke
先日、ワイフと共に海外旅行に出かけたんだ。


私もワイフも初めての海外だし、行く前からかなり浮かれていてこのままじゃ着いてからが想像できない様子だった。


そして、旅行当日。


私とワイフは飛行機を乗り継いで海外へ。



現地空港ではホテルまでのタクシーを捕まえたのさ。



すると、そのタクシーの運ちゃんがこういったんだ。



「お客さん、外国の方だね?観光か何かかい?」



私はこう答えた



「そうさっ、私もワイフも始めての海外旅行なのさっ」



「そうですか、いいですねぇ。何もないところですけど、ゆっくり楽しんでってください」



そんな感じで話していると、いつのまにやらタクシーはホテルに到着さ。



会計を済ませ、気のいい運ちゃんと別れたんだ。



「なかなか、いい運ちゃんだったなぁ。」



そうワイフに話しかけたんだが、なかなか返事が返ってこない。



気になってワイフの顔色伺うとワイフはすごく複雑そうな顔をしてたんだ。



そこで、私はこう聞いた。



「どうしたんだい?ワイフよ」



ワイフはこういった。



「大変よ!!私たちはすごいリッチな国へ来てしまったんだわ!!」



軽いヒステリック気味になっているワイフにサイド問いかけた。



「いったい何でそう思うんだい?」



すると興奮気味にワイフがこういったんだ。



「だって、この国の車はすべて左ハンドル。さっき乗っていたタクシーまでよ!外車しか見当たらないこの国はリッチに決まってるわ!!」




『どうだいジョニー。面白いだろう。なんてバカらしい話なんだ』







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。