プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回アニソンアワード
第1回アニソンアワード(2006)
はっぴょ~!



ども。
はじめまして、こんばんは。
大島です。


この番組では今年発売されたアニメソングをBEST10形式で発表し、
年間1位を決定しようというものでございます。

評価基準は非常に簡単明瞭。
私が今年一番聞いた、或いは心に残ったものに、少々の客観的視点を
加えて評価するものでございます。

評価対象は、アニメ・ゲーム及びそれらに関する曲で今年発売されたものであれば良いという、非常に広いものとなっております。


ということで、始まりました第1回アニソンアワード。
司会の大島です。
こんばんは。

今年も聞きに聞きまくったアニメソングの数々。
現在大型改変期に作り出される作品数が50以上なので単純計算してもそれの2倍あるわけでございます。
それにゲームソングやキャラソンなどを加えるわけですから、すごい数ですよね。

かくいう私。
今年聞いたアニソンの数は、おそらく100~150程度だと思います。
新規でMDに録音したのが80曲くらいなので、他を含めて大体そんなもんでしょう。
アルバムを入れたらもうちょっといくかもしれません。

さらに、今年はアニソン飛躍の年でもありました。
新しい歌手の登場やオリコンのランクイン。
2時ピタッでの無差別的な報道。
そして何より、テレビなど表舞台での活躍も光りましたね。

ちなみに2時ピタッのディレクターは一体何を考えてるんだろう。。?
主婦層向けに腐女子云々を説明して、一体何になるのやら。。?
明らかに間違いですよねぇ。。?


というわけで、、。

その中から本年最優秀アニメソングを発表。
そして、表彰していきたいと思います。

ちなみにですが、1位をとっても何にもありません。
ってか、ボクの自己満企画です。




それでは参りましょう!
まずは10~6位までを一気に発表します。


                   (曲名/歌手名)
第10位 Love Power/Aice5
第9位 亡國覚醒カタルシス/ALI PROJECT
第8位 ハレ晴レユカイ/涼宮ハルヒ,長門有希,朝比奈みくる
第7位 踊る赤ちゃん人間/大槻ケンヂと橘高文彦
第6位 パズル/ROUND TABLE feat. Nino



10位から6位まではこのようになりました~。
それでは、コメントしていきます。


第10位 Love Power/Aice5
堀江由衣主導のユニットAice5(確か正確には5は小さい)のセカンドシングルですね。
オリコンチャート一桁も記録しましたし、相変わらずほっちゃんは強いということで、、、。
ただ、実のところメンバーはその方と浅野真澄と神田朱美以外しらなかったりする~(´,_ゝ`)
サビと衣装が好きでございました。


第9位 亡國覚醒カタルシス/ALI PROJECT
勇侠青春謳とどっち入れるか迷って結局こっちにしました。
ゴスロリ的ルックといえばこの方!、というのは結構浸透してきてるんじゃないでしょうか?
宝野アリカ嬢。
ちょっと前までは曲調がマンネリっぽくなってきてたんですけど、この曲ぐらいからまた僕の中では巻き返した感がございます。
今年はサマーライブの際にお姿と生歌、両方達成したのも評価してランクインさせて頂きました。


第8位 ハレ晴レユカイ/涼宮ハルヒ,長門有希,朝比奈みくる
心の映像込みで8位入賞です。
曲もそうですがダンスが一世を風靡し、1位にしようと購買運動も起こりました。
結局4位(?)で終わってしまいましたが、話題性・社会現象、そして上と同様の理由よりランクに入れました。
ちなみにアニメは未見。
ブームが落ち着いてから見ようと思います。


第7位 踊る赤ちゃん人間/大槻ケンヂと橘高文彦
アニメからの派生でのタイトルで誉めるのもなんですが、歌詞が巧でした!
踊る=好きなことをする、赤ちゃん人間=働かず巧いこと立ち回って生きている。
踊る赤ちゃん人間=ニート、ってことですね。
もちろん歌詞だけじゃなくて導入部のピアノも素晴らしいし、メロディーも好きでした。
ウチの近くのカラオケ屋に入ってないのが残念。。。


第6位 パズル/ROUND TABLE feat. Nino
7位に続いて「NHKにようこそ!」からの選出です。
個人的にARIAの頃からROUND TABLEの曲は好きでしたね。
この曲はリズム感があって、なかなか飽きないのが特徴。
インパクトも大事だけど、割とそういう曲も重視するタイプなので入れておきました。



以上。
10位から6位まででした。

さて、上位陣を発表する前にここで小話のオチを一つ。







熊八たちがこっそりと覗くと、そこにはうまそうにまんじゅうを食べる定吉の姿が!

これには熊八たちも、奴にいっぱい食わされたと、気付いたらしく勢いよくふすまをあけて怒鳴り込んだ。

「おい、定吉!お前、まんじゅうが食いたいから俺たちに嘘をついたな!」

いきなりの登場に驚く定吉。

その拍子に食っていたまんじゅうが喉につまっちまったからさぁ大変。

しかし、そんな様子など気にせず怒鳴る村人達。

「やい、定吉!お前が本当に怖いものはなんだ!白状しろ!」

そこで定吉。

ドンドンと胸を叩きながら、苦しい声でこう言い放った

「ここらで一杯熱いお茶がこわい!」


ドドン!!







さっ。
それでは上位に参りましょう。
続いては5位と4位の発表です。



第5位
 夢想花/Suara


TVアニメうたわれるもののテーマソングです。
Suaraは確か今年デビューじゃなかったでしょうか?
前書きでも書きましたけど、新しい人続々とですね。
Suaraしかり、タイナカサチしかり、樹海しかりと。
タイナカサチはミュージックステーションにも出ちゃいましたからね。
今後の活躍にも期待したいと思います。
んで肝心のこの曲ですが、淡々としているんですけど珍しい音を使っているせいか結構聞き応えがあると思います。
それから、Suaraはインドネシア語で「声」という意味らしい。
ちなみに、やっぱりアニメは未見。



第4位
 SUPER GENERATION /水樹奈々


奈々様4位でございます。
確か初の作曲を行った曲です。
若い世代的には、タイトルがいいですよね。
曲調ともマッチしてますし。
それから、当の本人。
今年1年で第1戦での活躍だったら、1番なんじゃないかな?
HEY!×3に2度目の出演をしたし、オリコンの常連になってますし。
伊達にのど自慢荒らしっていわれてただけのことありますよね。
オンチの自分がいうのもなんですけど、実力すごいですよ。
悪しき2時ピタ!にも特集されてました。



さぁさぁ、第4位まで発表が終わりました。
それではここで、惜しくもランクインを逃した曲たち。
通称、がんばったでしょう、を羅列していきたいと思います。
コチラになりました。


<がんばったでしょう>
最高の片想い/タイナカサチ
DokiDoki! My Sister Soul/ハレンチ☆パンチ
Harmonies*/時乃&律子
あい/アツミサオリ
勇侠青春謳/ALI PROJECT
恋人同士/樹海
雪、無音、窓辺にて。/長門有希(CV.茅原実里)
最強○×計画/MOSAIC.WAV
Chercher/KOTOKO
青春いいじゃないかっ/鶴屋さん(C.V.松岡由貴)
Silly-Go-Round/FictionJunction YUUKA
桜キッス/河辺千恵子
最強パレパレード/涼宮ハルヒ,長門有希,朝比奈みくる
牙狼~SAIVIOR IN THE DARK~/JAM Project
たったひとつだけ/yozuca*
disillusion/タイナカサチ
冒険でしょでしょ?/平野綾
友情物語/Aice5
オハヨウ/双葉&梨々&美森
美しければそれでいい/石川智晶
マイペース/SunSet Swish
Red Fraction/MELL
ひぐらしのなく頃に/島みやえい子
終端の王と異世界の騎士/Sound Horizon
轟轟戦隊ボウケンジャー/NoB
sakura/NIRGIRS
Crystal Energy/栗林みな実
OUTRIDE/アニサマフレンズ
                   (順不同)



並べてみると結構多いですねぇ。
まぁ、100曲の中の一角ですから、これくらいでしょうか?

がんばったでしょう、でございました。


さて。
残りは3つになりました。

それでは、いきましょう。
第3位です。






第3位
 もどかしい世界の上で/牧野由依


第6,7位に続きまして、アニメ「NHKにようこそ!」の第2期ED。
「もどかしい世界の上で」が3位になりました。
バラード調で静かなピアノが印象的な曲です。
そのおかげか声と歌詞がすごく映えて、全体的に綺麗に仕上がってると思います。
あとは、切な度が○ですね。
「ちっぽけな世界なのに何故だろうこの両手には大きすぎる
果てしない世界なのに何故だろうこの両手には小さすぎる」
幻想的でありつつリアル。
心に残る曲でした。

牧野由依さん。
音大出身。
ひそかに注目中。
まきまきうんちさんこれからも美しい歌声で頑張って!



3位の発表が終わりました。
続いて、2位。
1位がなかったら1位!
その作品は一体何か?!


第2位はコチラになりました!!





第2位
 being/KOTOKO


灼眼のシャナOPテーマです。
相変わらずアニメは未見ですが。。。
この人の歌声は、力強さがあっていいですね。
総合的にどうかは分かりませんが、力強さだけだったら間違いなく業界で1番だと思いますよ。
これは太鼓判です。
特にアルバム「硝子の靡風」の「Free Angel」の2番のサビ終わりがスゴイ。
その前も声はすごくよく出てるんですけど、それを飛び越えるというか半ば多い尽くすぐらいの力強さが出てくるんですよ。
あの曲は僕の中では必聴ですね。
アルバム自体も偏見さえ持たなければ、名作だと思うんで聴いてもらいたい一品でございます。

さて、戻りましてbeing。
曲調はI'veお得意のトランス系です。
作詞作曲共にKOTOKO。
毎回のことですが、この人の曲には疾走感がありますね。
PVにもなってますけどイメージ的には荒野とか強風がよく合うと思います。
具体的にはミスチルのtomorrow never knowsのPVな感じで。
ただ、ぶっちゃけPVは微妙ですが。。

来年はアニサマに出てくれないだろうか?
今んとこI've枠ないし、無理かな~。




2位までの発表が終わりました。

ということで、とうとう次が最後です。
今年1年を代表する曲が(俺の中で)ついに決定します!!



<第1回アニメソングアワード>
第1位の発表です!!



































ダン!!







第1位は、、、






God knows...

 涼宮ハルヒ(CV.平野綾)

に決定しました!!


おめでとうございます!!
ワーワー、パチパチ!!



ということで、決定でございます。
この結果については、多数の人が賛同して頂けるんではないでしょうか?


まずは、直接的な部分から。
オリコンランキング初登場5位という結果はもちろん、12万枚を売り上げ、
堂々年間ランクにも顔を残しました。
それに伴うHEY!×3への出演。
いろいろと記録と記憶に残りました。

それから、アニメのヒット。
これは他の曲にも言えることですが、今年一番注目されたアニメといえば
『涼宮ハルヒの憂鬱』を置いて他にないでしょう。
視聴率も素晴らしかったみたいだし、その中で活躍した功績は+していいかと。

当の曲も私的見て好きなのはもちろん、普通にカッコイイと思いますよ。
アップテンポで特にギターがスゴイ。
アニメでは、ギターを弾くシーンを丁寧に正確に緻密に作っていてあれには驚かされましたね。
結果、リアルに弾いてみる人が続出し、You Tubeで公開する人もいました。

平野綾さんにとっても飛躍の歳になったんじゃないでしょうか?
さん付けだけどまだ17。
俺よりだいぶ年下ね。




受賞理由はさまざまですが、今年度アニソン大賞は

God knows.../涼宮ハルヒ(CV.平野綾)

となりました。


それではみなさん!
また来年あいましょう。
ありがとうございました~!!



スポンサーサイト
パプリカ
を観に行ってきました。

感想を言う前にボヤきますけど、なんでこんなにやってる劇場が少ないんざましょ。。?
だって、そうじゃござませんか?
一応ベネチア国際映画祭でスタンディングオベーションを貰った作品ですよ。
それなりに放映してもいいと思うんだけどなぁ。
まぁ、実際人は少なかったですがね。

それに比べて、鉄コン筋クリートをやってる映画館が多いの何の!
ついでに見てこようかとも思ったんですが、時間の都合とキャスト見てイヤになったのでやめときました。

生憎、美男美女のために支払う金は持ち合わせておりませんので。
だったら、もっかい綾波レイとアムロレイにお金払いますわ。



さて、パプリカの感想。

今敏監督らしいなってのが一番の感想ですかね?
画もそうですけど、ストーリーやキャラクターも非常にこの監督だって分かりやすい作品でした。


思えばテーマ自体がそうですもんね。
夢と現実。
妄想代理人や千年女優でやってきたことをもう一度再現しているような印象もありました。
実際、印象だけじゃなくて近いシーンもありましたし。


逆に前作の東京ゴッドファーザーとは、ちょっと懸け離れているかな?
まぁ、前作はSF要素が0なんで、今作が違うものになるのは当たり前なんですけど。
個人的には前作の方が好きですね。
特にストーリー的に。


それから、ラストが若干イマイチでしたね。
もっと夢っぽく終わるのかと思ったら、案外簡単に問題解決しちゃうし。
いい意味で期待を裏切る展開はなかったです。


とはいえ、面白かったですよ。
久しぶりに映画館で見たっていうのもあるかもしれませんけど、「見て損した」って思うことはないと思います。
特に夢の中の起こる演出と丁寧な画は一見の価値ありかと、、、。


ま、今じゃ東京ですら単館上映みたいな状態になってますんで、難しいでしょうけど。
鉄コン筋ねぇ。。。





「おおきく振りかぶって」のアニメ化について
今月号のアフタヌーンより告知がありまして、同雑誌の主軸たる「ひぐちアサ」先生著の「おおきく振りかぶって」がアニメ化されるみたいなんですが、、、


断固反対じゃ、ボケ!



反対です。
いや、大いに反対ですね。
怒れるほど反対でございます。


だいぶ前にも書きましたけど、僕もこの作品大好きで出来る限り完璧な形にしてからアニメにして欲しいって思ってたんですよ。

連載は3年目(?)で結構進んでるように見えるんでしょうけど、もともと月刊雑誌の漫画だし、実際に原作もまだ1年の夏のしかも地区予選の途中。
アニメ化にしたところで一体どこで止まるのやら。。。


中途半端に終わるのはもちろんダメだし、2シーズン目作るぐらいだったら最初から全部あわせて作ってくれって思います。
その方がブレないと思いますしね。


何故こんなに熱くなるのか?
この作品売り方によっては結構おっきなブームが出来ると思うんですよ。
それぐらい面白い作品ですし、ポテンシャルも高いはずなんです。
現に180万部も売れてるらしいですからね。
まぁ、強いて言うならアフタヌーンなのは微妙ですけど、、。



だから、昨今のアニメ化の流れから非常にイヤ~な予感はしてましたけど、、、。
正直この発表にはがっかりしてしまいました。

また目先の商業主義かい。。。
ふぁんのこころはいづこへ。。。

(こう思っているのは私だけだろうか?)



セルフサンタ
ども。
去年同様マイセルフサンタからプレゼントをもらいました。
大島です。

前々から金を掛けたといっていたプレゼント。
概要はこちらになりました。


①「人生に喝!」藤岡弘、著
②荒野のサムライ~明日に向かって走れ~/藤岡弘、(CD)
③空色ノスタルジー/アツミサオリ(CD)
④2006ワールドカップドイツ代表戦いの軌跡
⑤ゲームセンターCX DVD-BOX3
⑥くじびきアンバランス DVD-BOX1


豪華ですね。
全部でいくらかかってるんでしょうかね?
実に考えたくないです。

全部アマゾン購入だったんですけど、あくまで「プレゼント」なんで
とりあえずアマゾンの文字をマジックで消してサンタよりと書き加えてみました。
でも、あんま雰囲気でなかったですね~。
所詮ダンボールで梱包されてますから、夢がねぇでゲスよ。

クリスマス 無垢な気持ちで 人を待ち
忘れた輝き あの頃の君だけに(超字余り)


よくわかんない句はおいといて、、、

相変わらず大島は藤岡が好きですね。
自分が言うのもなんですけど、ホントにそう思いますよ。
今んとこ現代人の中で、あの人よりカッコイイと思える人は片手指いるかいないかぐらいですもん。
溺愛ですね。

それから、アツミサオリさんのCDは「びいだま」と「あい」が良かったんで買ってみました。
Sound Horizonも予約してたんですけど、予算の都合で断念。

あと、くじアンDVD-BOXに関しては完全なる僕の敗北です。
げんしけんの誘惑に負けたよ、、、_| ̄|○
途中まで頑張ってたんだけど、予告の斑目の声聞いたらダメだったわ。。。
つくづく、欲望に対する抑止力が薄い男ですなぁ。


ちなみに、これだと○○万円には届いてないですけど、
この前後にアニサマのDVDとガンダムDVD-BOXがあるんで、
逸れいれたら逝っちゃいますよね♪


あ~。
浪費癖なんとかしなきゃな~。




X'mas コスプレパーティー<アフターカーニバル編>
前回書いたの通り、クリスマスパーティーやってきました。
今まで生きてきた中で何も残すことが出来なかった僕たちが、せめて何かを
残していきたいと思って集った会。
おかげさまで大いなる汚点を残すことが出来ました。


さて、今回のパーティーでは未知なる境地への進出がありました。
そう。
何度も申し上げている通りコスプレです。


正直、楽しかったです。
場の勢いもあったとは思いますが、僕自身、目に見えてテンションが上がっていきましたもんw
しかも、みんなが着替えてからしばらくするまでそのカッコ続けてましたからね。
多分、あんなかで一番素質があったんだと思います( ´∀`)


ただ、しらふでは無理だっただろうな~?
あと同盟者がいないときっと泣き出してますねww
そういう意味で、残念ながら残念ながら、本当に残念ながら!!
才能がなかったのは嬉しい事実でありました(´・ω・`)v


((あっぶね。ドツボなるとこだったわ~。))




で、日記に内容と編集した写真を載せてこうかと思ったんですけど、
やっぱりそれは年明けにしようと思います。
もし楽しみにしてくれる方がいたら申し訳ないですが、これは譲れないのです。

何故譲れないか??


その答えはアップするはずだった写真にあります。
昨日は僕を含め集まってもらった7人の猛者たちをカメラに捉えることに成功しました。

そして、一晩あけて本日。
このブログのためにPCに取り込んで軽く編集しようと思い、一枚目の画像をクリックしてみたところ、、、



「・・・。」
「・・・。」
「・・・・・・。」






、、、。
もう、絶句でしたね。
失笑も何もあったもんじゃない。。。


その写真には、ゴスロリメイド服を着た友人A(仮・もちろん男)がこちらを向いて写っていました。
その全体像ですら見るに耐えないといえば耐えないのですが、それ以上に僕にダメージを与えたのは彼の顔。


似合ってるような似合ってないような風体のその上方部に添えられた顔からは、まさしく

「何か?」

といった感じ心情が滲み出ている。
いや、滲み出すぎているです!!
しかもその「何か?」からは挑発的な威圧感が満載!

そして“目”。
何よりも“目”。


普通であれば、死んだような目、とかっていうのが想像するでしょうか?
しかし、そうではありません。


彼の目に写っていたのは、他に比類出来ないほどの純粋さでした。
あの小林麻耶が目をそらすであろうほどの瞳の輝き。
思わずそのくりくりっとした大きな瞳に吸い込まれてしまいそうになったのです。

そのとき、僕は思いました。

((これは兵器だ))

と。


僕は根っからの無神論者ですけど、あれが神ならおそらく堕ちる。
その威力が、彼にはある。。。

結果、しばらく寝かせとかないとあの写真と対峙するのは無理という結論に達した次第でございます。



とまぁ、
何せ直視できないわけですから、編集云々以前に時間を待つしかないデスヨネ。

なので、きちっと形にして日記に出来る日がいつ来るかわかりませんが、とりあえず今日はここまで。


アイツ、フォーエバー!!


X'mas コスプレパーティー前夜祭
前回予定の段階だったコスプレパーティー。

『キリストをぶっとばせ。
 クリスマス大コスプレパーティー2006~winter~
 笑いあり涙ありポロリありの30分?!
 猛者たちの鎮魂歌SP』


ですが、この度、本格的な最終判断が下りまして、
クリスマスイヴに、聖夜に、そして、完全自己否定記念日に、
我々、非恋愛過熱暴走軍団が集うことが決定しました。


ちなみに、前回のソースはこちら↓



いやぁ~。
最終決定ですよ。
正直、楽しみなのか不安なのかはよくわかりませんw
でも、とにかくこんなことが出来るようになった世の中に感謝しながら
戦争中なくなったたくさんの方々にメイド服を着て黙祷を捧げたいと心底思っております。

おじいちゃんありがとう。
おばあちゃんがんばれ。




ということで、本日は前夜祭。
とはいっても騒いだりしたわけではなく、幹事として飾りつけと用意に行って来ました。

会場である友人宅で準備をしていたんですが、その際に明日着るであろうコスチュームたちを見ているとなんだかとても不思議な気持ちになってきました。


要因はいくつかあると思います。

まず一つ。
未知との遭遇。
私自身、コスプレをするのは初体験。
さらにいえば、自分がやることになろうとはこれっぽっちも思っていませんでした。


続いて二つ目。
自らのモラル感の崩壊。
今までは羞恥心から、オタクとしての大きな一歩を踏み出さなかった。
否、踏み出せなかったからこそ隠れ中途オタとしてのぬる~くやっていけてた。
しかし、この一歩は僕のオタとしての人生の中では限りなく大きな一歩。
この記憶が今後の僕にどう影響を及ぼすのか?


そして、カチューシャ。
試しに着替えるのは面倒なので、簡単な装備としてつけてみたカチューシャ。
ヒラヒラの付いたメイドさん仕様のカチューシャ。



似合わない。。。
激しく似合わない。。。



今まで見たこともない自分の恥ずかしい姿に、嘔吐、失笑、そして嗚咽。



明日は大丈夫だろうか?
ってか、かなり結果が出てしまった気がする。。。



しかし!!
我々には全国に共感してくれるであろう猛者たちが待っているはず!
だからこそ、カップルなんかには負けられないのである!
そして、それらを実現すべく、僕らは歩く!!
イルミネーションで彩られた地元駅周辺を!!


そして入るであろう!
イトーヨーカドーに!!



                         -coming soon-


待ってろよ!
全国のイトーヨーカドーめ!!



しゃるぁあ!!



改名
このブログ。
『隠れオタクの憂鬱』。
改名しようかどうか迷ってます。

急ですよね。
しかも年末この忙しい時期。
何故こんなクソみたいなことを言い出したのか?

答えは簡単。
なんか急に版権が怖くなったから!


いや、僕自身はパクってる気はないんですよ?
実際、ラノベもアニメもまったく見たことないんで、まねのしようもないですし。
お世話になってるのはアニソン関連ぐらいですか?

ただ、周囲が見てどう言うかね。
外部移してから最初に書いちゃったけど、そーは受け取ってくれないじゃない、みんなって!
人間優しい人ばかりじゃないじゃない!!

とゆーわけで、、。
誰かに「コラッ!!」って言われてからじゃ遅いと思いましてね。
それに、来年から社会人だっつーのに悪意で下らないことして、「シュン,,,」としちゃうのもなんか辛いし。


年明け、多分変えます。

でも、新しい名前がなかなか思いつかないんですよね。
ただでさえ、ネーム付けは手こずるタチなんでいろいろ考えようとは思ってますが。。

いまんとこ、第一希望は『がんばれベアーズ』ですね(笑


えっと。。。
谷川流 他との版権問題を怖がってむしろハリウッドに喧嘩を売りにいくという、、、。
大変、本末転倒な名前にゃあなっておりますな。


でもね。
黙って許して欲しいの。
いっくら考えてもこれ以上しっくり来る名前ないんだもの。
それに『がんばれベアーズ』も見たことないし!
若干調べてみたらベアーズ旋風とか書いてあったけど全然知らないし!
てか、ベアーズって何?!

よしわかった!!
100歩譲ってベアーズをバワーズに変えるから!
あの去年に楽天と契約したにも拘らず、来日しなかった外国人選手に変更するから!



ね?
使ってもいいでしょ?






学校も終わって、こんなくだらないことしか考えられない輩。
こと俺。

ディズニーに喧嘩売ったらいくらお金取られるだろうか、、、?






、、、。




試したいw




(名前募集中。但、版権に引っ掛からない物。)


おまけビューン
主人公はガードした。
アナはガードした。
ロイドはガードした。
おまけビューンはあいさつをして、とおりすぎていった。

-WIN-


敵が全部アイツならいいのに。。



「MOTHER」をクリアしました。
もちろん、ファミコンではなくアドバンス版です。

実はずっと前から評判は聞いていてやりたかったこの作品。
DSを買ってしばらくしてから、ふと本体の下の差込口が気になりまして調べてみたところ、アドバンスのソフトが出来るらしい!
ということで、始めることにしたわけです。

早く気付いとけよ、俺、、。


このソフト。
3まで出ているんですけどそれぞれキャッチコピーがあって、
2では『おとなもこどもも、おねーさんも』。
3では『奇妙で、おもしろい。そして、せつない。』となっています。


僕の世代は丁度「MOTHER2」が発売されて騒いだ世代です。
生きていた世代の方であれば、CMぐらいは覚えてるんじゃないでしょうかね?
あの延々と「MOTHER2~ MOTHER2~」って言ってるCMです。

話がずれましたね。


で、今回やった1のキャッチコピー。
『エンディングまで、泣くんじゃない。』

なんとなく押し付けがましいですね。
実際、いつもの私だったら見た瞬間にやる気がなくなりそうなもんなんですが、今回に限っては別。
なんとなくな印象もあって好意的に受け、本当にそう頑張ろう(?)と思って始めました。

以後、クリアした感想です。
多少ネタバレ入ってるかも知れませんのでご了承を。










まず、泣きはしなかったです。
ただ、ウルウルっとするシーンは何回かありましたけどね。
特にテディが怪我をして、ロイドがもう一度先頭に加わるシーンでの台詞は、ジーンと来ました。


「ちからだけじゃ やつらには かてねぇ。
 でも おれたちは かならず へいわを とりもどせる。
 しんじてるぜ。」

「おい ロイドくん。
 きみの なけなしのゆうきを つかうときが きたようだぞ。」

「こんどこそ よわむしのぼくが たたかう ばんだ。
 テディ!きみは ここで やすんでいてくれ。」


その時に流れる音楽も、単音(?)っぽいんですけど心に響くというか。。。


あとはエピローグでもちょっときたかな?
みんなのその後と、主人公とアナの別れがあって、そこがまた良かったです。
このRPGって設定がリアルに近いから、出会い、別れもそうで、親近感がわくんですよね。


そして、何よりみんな純粋なの。
これ、一番のポイント!

そんな子ども達が一生懸命頑張ってる姿を見てしまうと、どうにも切なくなるというか、心温まるというか。
分かって頂けますでしょうか?


感想になってるかわかりませんが、僕が思った事はこんなかんじです。


まぁ逆に、ファミコン時代の作品なんで不満点を挙げろ言われれば、
「終盤の敵がハンパなくつえー」とか、「PKビームγマジ腹立つ!」とか、ありますけど、それも今回言いっこなしということでね。


でも、さらに逆に一個補足するのであれば、ファミコンでやったら
多分もっと泣いたと思いますよ。
DS版だと画面ちぃちゃいですし、あと走れるようになってますからね。
ファミコンでじっくり一歩一歩やって、苦労の末クリアしてればおそらく、、、。



終わって一個気付いたことなんですけど、これ連作なんですね。
一つ一つ違う内容かと思ってました。
2はスーファミで買ってきて途中までやってるので、じきにクリアしようかと思います。




珍しく綺麗な話で終わったなぁ。。



○○○にようこそ!
WELCOME!
いらっしゃい。
おかえりなさいませ、ご主人様♪
当店のメニューはハッピーセットかカローラになってますがどちらに致しますか?
んーと、あしたのジョーの親方のフィギュアを前歯抜きで。
かしこまりました。
(10分後)
おまたせしました。
テイクアウト、ゴーヤチャンプルー1点で2兆円になります。
じゃあ、2垓円からお願いします。
おつりはいらないよ。
ありがとうございました。
また、おこしください。




適当な文を書いているときは、何故か筆が走りますね。
ハトのおよめさんを書いてる人の気持ちが多少分かった気がする。。

ども。
大島です。


「N・H・Kにようこそ!」のアニメが終わりましたね。
現在放送中のアニメの中では、割と力を入れてみていたんで録画じゃなくリアルタイムで見てしまいました。

んで、最終話の感想。
なんかいろいろ思うところありましたよ、部分部分で。
テーマがテーマなんで終わり方重要だよなぁ、と最初の頃から思っていたことなんですけど、いいトコ悪いトコそれなりでした。

例えば、佐藤君が岬ちゃんを抱き止めたシーンとかは、僕ン中では嫌でしたね。
ご都合主義っぽい安っぽい終わり方されちゃうと、なんの教示にもなりませんから。

それから前半部の最後の方の台詞は、どっちととればよかったんでしょうね?
リアルな思い込みか?
はたまた、岬ちゃんのためのハッタリか?
浅く読むべきか深く読むべきか微妙ですが、後者の見方の方が作品としては映えるんじゃないでしょうか。

それから前半部では、資格って言葉はリアルで良いエッセンスになってますよね。


そして、エピローグ部分。
最初は退屈な感じでしたけど、最後の一言。
「語呂合わせ」で個人的にはグッと良くなった気がしました。

でもやっぱりラストの台詞でも思うけど、社会風刺の作品でもあるんだろうなぁ。
わざわざNHKなんて一番固いモノにぶつけていってますからね。
でも、そういう姿勢は好きだったりします。


何はともあれ、バッドエンドじゃなくてよかったですよ。
ああいうストーリーの着地点まで鬱な終わり方だとホント救われなくなりますもんね。
そっちの方が一貫してていい作品に仕上がったと思う、って方も持ちろんいると思いますけど、周りへの影響力を考えるとそれには賛成できないかなぁ。。。

にしても、漫画が欲しくなってきたなぁ。
それ以上に、ネガティブパックの「ひきこもり星人全身タイツ」のが欲しいんだけど、、。
金が、、、ないわな。


------------------------



アニメの話ついでにアニメの話。


レンタルアニメシリーズ。

前回の「絶対少年」が好評に終わりまして、手持ちの駒がなくなったので店で新しいのを探してきました。
ほいで、今回はこの作品に決定することにしました。

『AIR』

です!

知る人ぞ知る?いわずとしれた?
keyの大作ソフトのアニメ版でございます。

正直このタイトルを手に取るのは、非常に気が重くなりました。
ぶっちゃけ、一時期かなりハマった作品でそれが鬱っぽい時期に近いもんでね、、、。

何を隠そう僕がオタクへの道を歩む大元凶はここにあります。

忘れもしない2002年の夏の日。
ラジオを録音するのが日課だった私が、たまたま予約しっぱなしにしていてたまたま取れていた番組。
それが「水瀬(皆口)さんち」。

そん時は、なんちゃって気分とか、そういうのもアリだよねw、みたいな感じのノリで聞いていたのですが、感化されるようにアニメの「KANON」を見たところ。。。



ド・ツ・ボ


まんまと、落とされてしまいました_| ̄|○


どれくらいハマっていたか?
一例を出しましょうか?

結局、その「水瀬さんち」が初アニラジだったわけですけど、
いつかは覚えてないですが、一度番組にメールを送ってます(笑
んで、しかも読まれました(爆笑

忘れもしない、國府田マリ子さんがいた回でしたよ。

あの頃の俺は、ホントしゃかりきだったなぁ( ´_ゝ`)


とまぁ、こんな感じ、と。。
ぶっちゃけ、メチャ恥ずかしいんですけど、かなり影響を受けていた事は、わかって頂けたのではないでしょうか?

ただ、その中で一つ弁護させて頂けるのであれば、思春期だったのよw
いわゆる情緒不安定というか、我に返れば「なんで人は生きてるんだろう」とってもイタイ時期と重なってましてね、、、。

そんなこんなで鍵の作品には、なんでかわからないけど僕の辛い思い出ってのが詰まっているわけでございます。


本題の「AIR」の話に戻します。

実はだいぶ前から、もう一度おさらいしたいなぁとは思ってたんですけど、ゲームでやるとなるとめちゃめちゃ長いじゃないですか?
僕がKANONほどAIRにハマらなかった理由がここにあるわけで。

キャラ(観鈴限定)もシナリオ(同じく)も抜群にいいんですけど、ゲームでやるとなるといささか面倒じゃないですか。
その上、やる気と勇気をプレイレベルまで挙げなきゃいけないのは、ちと無理でございまして、、、。

なんとか手軽にストーリーをおさらいできないものかと思ってたところに、京都アニメーションが製作決定!
放送・DVD・レンタルを経て、重い腰を上げようとなったわけです。


で、早速借りてきて1話2話を連続して見たんですけど、キャラ説明とかはかなり飛ばし気味ですね。
とりあえずきっちり終わってくれればいいんですけど、やっぱり難しいかなぁ?
全25話(?)で簡単に収められるほど、柔な作品でもないしねぇ。

まぁ、どっちにしろ楽しみですね。
全部見終わったら、また感想書こうと思います。




さしぶりに、すごく長く書いたなぁ。


ガウショの魂
何回いうねん、あの実況!!

バルサさん、お疲れ様です。
こんばんは、大島です。


TOYOTAカップ終わりましたね。
決勝だけはキッチリ見ましたけど、なんだかしょっぱい試合で。
阿藤海風に言えば「なんだかなぁ~・・・」な感じでした。


お恥ずかしい話、自分は前々から

「バルサ勝つに決まってんじゃん!3-0だ、3-0!」

見たいな事を豪語してたんで、結果を受けて顔がホント熱くなる次第です。


でもまぁ、前回の試合と欧州CLの試合だけ見れば、圧倒的差があると思ってたんですが、やっぱり日本は合わないのかねぇ?
あとは早い時間に1点取れてれば、全然別の展開だったんでしょうけど、やっぱりサッカーは何が起こるかわかりませんね。

ちなみに、かくいう私
バルサファンではございません。
リーガ内ではアスレチックファンです。
なので、ヘコむとかは全然ないです。

むしろ、、、

インテルがバルサに勝った。
ということは、インテル>バルサ。
で、その前の試合、アルアハリ対インテル。
アルアハリは負けはしたけど、会場で見た感じ圧倒的に押していた。
試合に負けて、勝負には勝った?
ってことは、アルアハリ>インテル?
∴ アルアハリ>バルサ!
真の優勝者はアルアハリ?!

みたいな妄想を掻き立ててる輩なんでね。
いろんな意味で気にしないであげて下さい。


にしても、実況は相変わらずちょけてますねぇ。
あれでちゃんとやってるとかいったら、僕、怒りますよ。

ホント、何回、ガウショの魂いうのさ!
入ってきた知識を適当に言いすぎよ。
大体ロナウジーニョも正確な呼び名は、ロナウジーニョ・ガウショだしわかりづらいわ。

その他にも、地元関係の薀蓄言いすぎだし、過剰演出が多くて逆にテンション下げさせられるんだよなぁ。
どうも、4チャンの実況と、10チャンの角澤・松木ペアは露骨にダメだねぇ。
しかも4チャンは、プレミアの放送するとか、、、。

高校サッカーから出直して来い!
あと、変な知識取り入れないでいいからもっと基本的な所から学びなおせ!!
解説者より上から目線とかありえないし!

身の程を知れ、と。

正直やんわりといいますけど、民放が一番視聴率取れる試合放送するんだから、もっとちゃんと実況して欲しいんですよ。
じゃないと、公平な見方が出来る人も増えないし、単なるミーハーで終わる人が増えるだけだもの。
盛り上げるだけ盛り上げて、落ち着いたらポイ捨てとかもホント勘弁ですよ。



100歩譲って、ジャイアンツ愛でもガウショの魂でも何言ってもいいから
知ったかだけはヤメテクレ。。。


大島の魂の叫び。
お耳汚し、失礼。


最強伝説黒沢-完-
ついに終わってしまいましたね。
もしかしたら、モーニングではだいぶ前に終了していたのかもしれませんけど、自分は単行本からなのでつい先日読み終わりました。

それにしても、まさかああいう終わり方になるとは、、、。
さすが福本伸行というか、なんというか、、、。

とりあえず、はっきりといえることはまさに最強伝説だったな、と。



この漫画。
かなり読む人を選ぶ作品で、実際自分も何人かに貸してみたり、読んで人の感想を聞いてみたりしましたけど、選ばせちゃダメだね。


強制的に読ませるべき!
人生さ、バイブルさ!
むしろ、教科書に!



まさに、最強伝説。
虜にされてしまいました。
ただ、教科書にして子供がみんな感化されすぎても困りますけどね(笑
基本花開くの40過ぎだし。


そういう意味では、僕にすごくゆうきをくれた作品ですよ。
読んでくれた人の何人かの意見は、『読んでる途中でホントヘコんでくるからダメだった』って感じでしたけど、最後まで読んだらきっと変わる。
それまでのマイナス要素がすべてプラスになるくらい改心されるはずなんですよ。

それがあったとしても読めないという人は、最初のうちはギャグ漫画として読むことですね。
実際、僕も最後の最後までそのつもりで読んでましたし。
だからこそ、衝撃も多かったわけですけど。



あー、なんとかしてアニメ・実写、映画化・ドラマ化されてくんないかなぁ?
14才の母をやるよか、ずっといいと思うんだけどなぁ。

ぶっちゃけ、14才~なんてそれの助長に繋がりそうだしね。
見てないでいうのもなんだけど、よほど上手い終わり方させないと
それ自体を賞賛しているように見えそうですもん。
まぁ、賞賛て言葉は言いすぎですけど、ポジティブなものとして捉えられかねないのは確かですよね。


そういう意味ではねぇ。
黒沢はいいと思うんだけどなぁ。

でも、冷静に考えるとドラマは無理だなぁ。
F1F2層をALL無視だもんなぁ。
基本的に「女受けしない」「若い人は見たがらない」「玄人好み」の3点セット付いてきますからね。
団塊の世代には、抜群にオススメなんですけど(´・ω・`)


よし!!
だから、映画にしよう!
俺、主演やるよ、主演!(笑
おっさんじゃないじゃん、っていうんだったら浅井役で!

ね?!
ホント、やってほしいなぁ。
アジフライ、ポケットに入れて渡そうとしてるのとか、すんげぇおもしれぇんだけどなぁ。



もし、このブログを読んでくださった、ピクッとでも来た方。
或いは、業界関係者の皆さん。
石油王。

黒沢を是非!
映像化してください。


電気街と観客動員33,000
ども。
酒飲む前に空気読め、でおなじみの小生です。
こんちゃ。


早速、今日の出来事をお話したいと思います。



前者の題名、一つ目の土地。
秋葉原です。

実は今日とつい先日とで珍しく短期間に2回も行ってきたんですが、
お目当てはHDD。


前回はいろいろ練り歩いた結果、250GBのHDDが約9000円で一番安かったのですが、かさばるし見るトコ見てから買いに戻ることにしたんです。
で、いろいろ見て回って、そしてムフフ的な買い物も済ましてから、再度店にいったところ、発見しましたよ。
値札のところにドーン!

「現金特価!!」

クレカで買う気満々だったため、もともと現金の持ち合わせがない!
もちろん、銀行のカードもナッスィング!!
加えて、同人誌なぞを買ってしまった!!

結果、エロに泣かされるという形で本来の目的を果たせないまま帰ることになりました(;´Д`)


で、来たるX'デー。
今回はしっかりと現金・銀行のカードと完全防備で来た訳です。

ほいで、店店を回り歩いてみたのですが、いけどもいけども前回よりイイ値の店がない!
クリスマスセールと題している割に、適当な日に付けた特価に負けている!


母さん。
どうやら僕にとってクリスマスは、女関係以外にも厳しいイベントのようです。
そんな僕だから、結局250GB/10000円のHDDを買ってしまうわけで。
普通にクレジットカードで購入です。
最後に残念ながら、買ってから見に行ったヨドバシの割引+ポイント還元UPが、一番安かったのを僕は忘れません。


雨も相まって多少切なさの残るお買い物になりました。



-------------------------


さて、一方「観客動員33000」です。
内容は、日テレ万歳のTOYOTAカップでございます。

先に正直な感想言いましょうか?
全然興味なかったっす(笑)
いや、サッカー自体はすごい好きですよ?
でも、個人的にこの大会と放送環境が好きではないので、テレビでもほとんど試合見てませんでしたし。

しかも対戦カードがアルアハリ×インテルナシオナルという、、、。
ぶっちゃけ、出ている選手一人も知らない(笑)
サッカー観戦歴は7~8年になりますが、この経験はハジメテ!

で、ここまで聞いてると「なんでそんな試合見に行ったの」とか「だったら行かなきゃいいじゃん」といった声が聞こえてきそうですが、許していただきたい。

だって、9000円のチケットが1800円だったんだもん!!(笑)

80%オフ!
なんなら、Jリーグより安い!!



ね?!
いくでしょ( ´_ゝ`)

とまぁ、こんな感じで見に行くことになったわけですよ。
試合の感想ですが、なんていうか妥当でしたよね。
いろんな意味で。

友人との終わった後の会話も、

「面白かったね」

「うん、面白かった」

「なんていうか1800円にしては面白かったね」

「うん、まぁ、1800円ぐらいで丁度いいと思うよ」

みたいな感じだったんで、ホント妥当だったと思いますよ。
でも、強いて言うなら僕はゴール決まって浮かれてるインテルナシオナルサポーターに肘打ち喰らったんで、200円分くらい損したかもしれません。


果たしてサッカー地球一クラブは、どこになるんでしょうかね!!







鳥山明先生の漫画が読めるのは、、、
ジャンプだけ!!!

そして、言いたいだけ~(--メ)


貯金
大島の貯金とかけまして~
ゲームが巧くない人がやったマリオ64と解きます~
その心は~



ヤッ!!

ホッホ~ゥ!!

ウワァァァァァァ!!



結構高いとこまで行ったはずなのに一気に堕ちていきます。





どうも。
この約15ヶ月という期間の間に約70万円くらい出費している大島さんです。
こんばんは。

昔見た、簡易風水の「あなたが軌道に乗るのは30を過ぎてからです。それから、あなたは浪費癖があるようなので気をつけましょう」という、、、。
誕生日と血液型からの結果でここまで当たるなんてねぇ。
本当にビツクリです。


ただ、これで大島に時間と金を与えたらイケナイということが大いに分かりました。
ってか、使い始める前はぶっちゃけすごいお金あったのになぁ。
ヤラシイですけど3ケタね、3ケタ!!

安いじゃんていう人もいるでしょうけど、学生時分でそんだけあれば大したものでしょう?
それに、それは僕が寝食惜しんであくせく働いた2年間の結果。
増えるのは長いけれどもなくなるのは一瞬。

一度、友達とATMに行って全額下ろして見た時、自分の金にもかかわらず

「ねぇ、、これどうしよう。ちょっと、タンマ。マジ、足笑う。」

あんときゃ、ホントに(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル だったなぁ。
ってか、自分の金自分で下ろして「どうしよう」じゃねぇけど(笑)


でも、やっぱ切ないなぁ。
強欲なわけでもケチなわけでもないけど、徐々になくなっていくとなると、なんか感じちゃうよねぇ~( -_-)
残り後、○○万円くらいは残ってるけど、自分へのクリスマスプレゼントに○○万円も使っちゃったからなぁ。
後者はホントに伏字じゃないと言えない位、デカイ金額。

ってか、欲しいもんの時期が被りすぎなのさ!
ガンダムDVDとかね。


それは、後々書くとして、ギブミーマニー!
トリックオアマニー!
ザ・ガバメント オブザマニー フォーザマニー バイザマニー!






後は、マイハニーが欲しい。

47

クリスマスSP
季節は巡り 今年もまたこの季節がやってきた
木々の紅葉は移ろい 姿を変え
やがてその華やかさを失う
そう
それはまるで
あたかも人々の移り変わりと
同じことを繰り返す人間の業に
とりつかれているかのごとく
幼い頃の安心感
今の自分の孤独感
誰もが皆
憤りと疑問も持ち続けながら
逆らえない生への訴えを
糾合し続けている
僕も変わらない
そして
キミたちも、、、







どーも、コンチワ!!
迷える子羊こと大島でございます!
イタイ子じゃないですよ~。



最近はグッと寒くなってきましたね。
本格的な冬が来まして、世間的には人恋しい季節というやつでしょうか?
しかし、人を抱いたことのないロンリーチャップリンこと
大島的には、布団の方がよっぽど恋しい季節ですね。
今からあがいたってどーせモテるわけでもねーし!!


あ~、一日みかん2個食ってるだけでモテないかなぁ~( ゚д゚)


というわけで、今年もデビューすることなく、無事に
残念ながら無事に年を越すことが出来そうです。
高校時代に笑いとして謳っていた40デビューがまた少し
現実味を帯びることとなりました。


来年こそは、Let's はしのえみクラス!!

夢が小さいか?
いや、、、
まだ、夢見がちだなぁ(笑




そんなこんなで今年もクリスマスがちこぅございます。

と同時に、先日、久しぶりに我らがモテない集団ことバンド・オブ・モテナイーズとこんな話しをする機会がありました。
大体要約するとこんな感じです。


「今年もまた独り身かぁ」

「一人くらい彼女できないもんかなぁ」

「いやぁ、出来ないでしょw」

「でも、いい加減この状況にもなれてきちゃったよなぁ」

「うん」

「じゃあさ、今年はみんなで集まってなんかするか?」


こんな感じで、今年はバラバラに行動して鬱、の方程式を覆すべく
団結してぶっ潰しかかろうという結論に達しました。
そして、そのクリスマスパーティーの企画にこんなのがあがりました!

題名、エコー希望!!




『クリスマスなんかぶっとばせ!
コスプレパーティー2006 in クリスマス
カップルたちの夢ぶち壊したい~!!!』







どうも、コンバンハ!
司会の大島です!
よろしくお願いします!


さっ、心のエコーがかかった所で、説明しましょう。

題名を見て即分かる通り、簡単にコスプレパーティーですね♪
ただし、一個重要なのが、女の子はもちろんいません!
さらに言えば、女の子感を少しでも出すために、
基本全員女装です(笑

非常にイタイですね♪

それから、副題!
『ぶち壊したい~』の“たい~”はもちろん隊の字です。
ということで、多少地元を練り歩きます(笑
とにかく、カポー雰囲気を壊すのに尽力を尽くして生きたいと思います。
ちょっと古いですが、千代大海風に言えば、

「(カップルの破局のため)日々是精進したいと思います」


です。

完全なる迷惑ですね。
そして、最低ですね。
でも、僕は楽しみです!




ただ、一個心配なことがあります。
いわゆる、盛り上がった後ですよね。

正直、盛り上がりの倍以上ヘコむ可能性があるんですよね( ´_ゝ`)
だから、しらふになることだけは全力で阻止しなければならないのです!

そんな諸刃のクリスマス。
まだ、最終決定じゃないのが、唯一の救いかもしれない。。。








絶対少年
ども。
こんばんは。
寒い季節になってきましたね。
今年も残すところあと1ヶ月。
暦の上では12月となりました。
12月は別名師走。
師走は、つまり師匠連中が東奔西走するほど忙しいという意味からなっているらしいですよ。

この時期にありがちな文章を適当に書いてみました。
大島です。


さてさて、今回はアニメ絶対少年のお話。
私は、もちろんリアルタイムでもアニメは見ますが、最近では
毎週決まった日付にレンタルショップへ行くように務めておりまして、
映画と同時にアニメも頻繁に借りてみるようにしています。

リアルタイムアニメも見ているもんで、一回に借りる作品数と本数は
多くても2,3本とあまり多くないんですが、どちらかというと
こっちの方が優先的だったりします。
まぁ、金がかかってるということもありますが、自分で選べるんで
割と凝って見れるのが好きなのです。

で、今回見たのが絶対少年だったわけですね。


とまぁ、そんな話はおいといて、本編のお話。
というか、感想とかです。


この作品。
大体1年位前のNHK-BSで放送された全26話。
あらすじは、書くと長いしまとめるのが面倒なんで書きませんが、
日常を描いたファンタジーアニメで、田菜編と横浜編の2部構成式というのが大雑把な道筋になるのかな?

率直な感想ですが、面白かったですね。
Wikipediaでのページを見ると評価は低いみたいですけど、自分は好きでしたね。

確かにテンポがスローで始めのうちはついていきづらいし、
キャラに愛情が出てきた頃に横浜編に突入。
過去のキャラクターの存在感が薄くなっててガッカリ、なんて意見もわからなくもないです。

でも、これは割り切るしかないですよね。
テンポに関してはキャラの描写に必要だし、田菜編横浜編の移行に関してはそれが魅力でもあるわけですから。

自分が気に入ったのは、SF要素が大きな枠のはずなんですけど、
そういった部分よりかは一人一人の行動とか感情とかの描写のシーンが多くて、それがまた巧いこと描かれてるのが良かったですね。

自分はガンダムとかエヴァに出てくる目を引くような大きな描写もいいと思いますけど、アニメでこういうリアルで素朴な演技を作り出せるのはすごいと思いますよ。

構想にも5,6年かかったらしいですし、面白いんでもうちょっと評価されてもいいと思うんですけど、そういう時代じゃないかなぁ?

似た感じのアニメとしては、ファンタスティックチルドレンとかは
画の雰囲気が似てるのもありますけど、近いかもしれません。
とかいって、相変わらずマイナーですけど。。。
自分はどっちかっていうと、こういう玄人向けアニメが主流なのかもしれない。
まだ、おれぁ、若いんだがなぁ~。。。


あ、あと、最後にWikiの記事に反論。

『全編を通じた特色としては、登場人物の、人格描写や演技などの現実っぽさ、直接的ではない微妙にエロチックな描き方、そして、意図的な抑えた色調の美術の中に、同じく抑え目の色調の萌えキャラを配置し、そこにハミングを多用したBGMが流れるような独特の雰囲気作りなどがあげられる。』

これが記事前文で大半は同意なんですけど、萌えキャラってのがいかんせんなぁ、、、。
キャラに特徴あるのはわかるけど、萌えではないんじゃないかなぁ。
特に横浜編。
田菜編も猫踊りん時にそういう描写がなかったと思うんで、
真っ当な作品として取り扱って欲しいというのが本音。
こういう括りを入れると一般人はすぐ苦い顔するんでね。


一般人からの敬遠を恐れる俺。
まさに中途ぬるオタ。
まぁ、そういうのが好きなんだから許していただきたいし!



ゲイツ
ゲイツすげぇ∑(゚Д゚ )



意味わかんないと思うんで説明しますと、
どうやらつい最近にゲイツが慈善団体ことゲイツ基金にある
資産3兆7000億円を死後50年以内に全額寄付することを発表したらしい。


3兆7000億円ですよ!!
7000円置きました~、ってギャグやってもまだ3兆あるんですよ!!


いやぁ~、いくら世界最高の長者番付といえども感心するなぁ。
しかも、募金を募っての3兆7000億円じゃなくて、
個人出資の財団ですからねぇ。
自分がいくら「ア プア リトル ボーイ」と罵られても何もいえないよなぁ。

だって、俺、自分ちの家、破壊してるくらいだし。



うん。
ゲイツ最高。
ゲイツマンセー。






実写版プチクラッシュ
やってしまった。。。

まさかといえばまさかだし。
ついにといえばついにだし。
やはりといえばやはり。。。





遡るは、何時間前か?

夕方近く。
学校から帰宅し、レンタルしていたCDがあったのでそれを返しに出かけました。

本日、日中はとても暖かかったのですが、夕方になるにつれどんどん冷え込んできました。
なので、自転車で行くのがおっくうになり車で行くことにしました。



思えばこれが間違いだった。



車で一路レンタルショップへ。
店に着きCDを返しそして帰路へと向かいました。
その頃はこれといって異常はなく、いつもどおりに運転をしていました。
なので、もちろん普通に家に着き、普通に車を駐車することになりました。

もちろん、バックで車庫入れです。
ちなみに、うちの駐車スペースはごくごく一般の駐車場と違って、一軒家なので
最終的には横向きで止めることになります。

何度か失敗し手間取りつつ車をうまく収めようとしました。
何回かトライし、いい感じで入れそうな形をとることが出来ました。

そして、車をゆ~っくりとバックさせていき、残りあと50cm。
止めどころで、ブレーキをグッと踏み込みました。

その瞬間『クッ』と、体が後ろに引っ張られ、さらに次の瞬間、、






どごーん!
どがーん!!
バキバキ!!!
ゴゴゴゴゴ!!!
ちゅどどどどーん!!








マッハロットで、



ブロロロロ~
ブロロロロ~
ブロロロロロ~ン!!!









結局、大島は星になりました、とさ。

おしまい。







さて、、、と。

もちろん、上に書いた表現は嘘です。

が!?

車庫の後ろの壁を全壊にしてるんで、半分は本当です(--メ)


しかも、意外と冷静で、壊れた壁の状況から、

(なんか残骸だけ見てるとダイハードみたいだな)

なんてことを考えてやがるんですよ、このヤローは!
いくら最近ベタなアクション映画を借りてみてるからってそれありないわ!!


詳しく説明しますと、ラストに踏んだペダル。
ブレーキじゃなくて、アクセルでしたね~。



、、、。



ん~~~。

情けないですね~。
ホント情けないですね~。
なんていうか、普通にショックですよ。
何がショックって他人を巻き込んでるのが一番ショックですよ。

壊した壁は自宅と隣の家を仕切るものなので、まさに大迷惑!
家から出てきたおばちゃんに必死に頭を下げる俺!


惨めだ~。
正味の話、惨めだ~。

ただ、唯一の救いが壁以外の打撃はほぼ0だったことですね。
車も壁にくくりつけてあったタイヤのおかげでちっさいキズで済みましたし、
お隣さんにも壁の破片が飛んだ程度で車まで傷つけてなくてホントよかったよ!



ただ一個、ものすごい切ないのが、今後ご近所づきあいをしていく上で僕はずっと


「ほら、あの大島さんとこの息子さん。いるじゃない?」

「大島さんの息子さんてどんな子でしたっけ?」

「ほらほら、前に来るまで壁を壊しちゃったあの子よ。」

「あ~、あの子ね!?で、どうかしたの?」

「あの子、会社をリストラされたんですって」

「え~、ホントに~。大島さんとこも大変よね~」



みたいな十字架を背負うことになってしまうんだろうなぁ。。。

そして、出費がかさむぅ、、、




。。。
仕方ない。
高い授業料だったと思って割り切ろう。







そしてこんな時。
新車買ったその日に本当に車を大破させた友人がいると
なんか非常に心が安らぎます。

勇気、ありがとう。
ゴトウさん。









大破してまでネタを作ったんだから押してぇな!
↓ゴメンナサイ、不注意です_| ̄|○



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。