プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強伝説黒沢-完-
ついに終わってしまいましたね。
もしかしたら、モーニングではだいぶ前に終了していたのかもしれませんけど、自分は単行本からなのでつい先日読み終わりました。

それにしても、まさかああいう終わり方になるとは、、、。
さすが福本伸行というか、なんというか、、、。

とりあえず、はっきりといえることはまさに最強伝説だったな、と。



この漫画。
かなり読む人を選ぶ作品で、実際自分も何人かに貸してみたり、読んで人の感想を聞いてみたりしましたけど、選ばせちゃダメだね。


強制的に読ませるべき!
人生さ、バイブルさ!
むしろ、教科書に!



まさに、最強伝説。
虜にされてしまいました。
ただ、教科書にして子供がみんな感化されすぎても困りますけどね(笑
基本花開くの40過ぎだし。


そういう意味では、僕にすごくゆうきをくれた作品ですよ。
読んでくれた人の何人かの意見は、『読んでる途中でホントヘコんでくるからダメだった』って感じでしたけど、最後まで読んだらきっと変わる。
それまでのマイナス要素がすべてプラスになるくらい改心されるはずなんですよ。

それがあったとしても読めないという人は、最初のうちはギャグ漫画として読むことですね。
実際、僕も最後の最後までそのつもりで読んでましたし。
だからこそ、衝撃も多かったわけですけど。



あー、なんとかしてアニメ・実写、映画化・ドラマ化されてくんないかなぁ?
14才の母をやるよか、ずっといいと思うんだけどなぁ。

ぶっちゃけ、14才~なんてそれの助長に繋がりそうだしね。
見てないでいうのもなんだけど、よほど上手い終わり方させないと
それ自体を賞賛しているように見えそうですもん。
まぁ、賞賛て言葉は言いすぎですけど、ポジティブなものとして捉えられかねないのは確かですよね。


そういう意味ではねぇ。
黒沢はいいと思うんだけどなぁ。

でも、冷静に考えるとドラマは無理だなぁ。
F1F2層をALL無視だもんなぁ。
基本的に「女受けしない」「若い人は見たがらない」「玄人好み」の3点セット付いてきますからね。
団塊の世代には、抜群にオススメなんですけど(´・ω・`)


よし!!
だから、映画にしよう!
俺、主演やるよ、主演!(笑
おっさんじゃないじゃん、っていうんだったら浅井役で!

ね?!
ホント、やってほしいなぁ。
アジフライ、ポケットに入れて渡そうとしてるのとか、すんげぇおもしれぇんだけどなぁ。



もし、このブログを読んでくださった、ピクッとでも来た方。
或いは、業界関係者の皆さん。
石油王。

黒沢を是非!
映像化してください。

スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oshimax.blog76.fc2.com/tb.php/123-4110b268
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。