プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ゲームショー
行ってきましたよ~。

昔っからゲーム好きで、近年ではかなりオタ化してきた自分ではありますが、大きなイベントへの参加はコレが始めて!
それまでは「幕張でやんのにトーキョーゲームショーておかしくなくなくない」ってな明らかに偏差値の低~いことばかり考えていたのですが、いざ行くとなるとどうでもいいことですね。

というわけで、期待と不安胸いっぱいだったんですが、、、
幕張についてすぐの感想。


人、多ッッッツツ!!


まさか乗り越し清算であんなにも待たされるとは思ってなかったなぁ。
しかも電車乗ってる間、右手に欧米系外国人、左手にアジア系外国人に挟まれる状態のおかげで、駅に付いた時点でかなり疲れてました。

しかも、アジア人は団体だったんですが、こいつらがまぁよく喋るのなんの、、、


「アニョハセヨ~」

「カムサハムニダ」

『アッハッハッハッハ!』

「マソッシヨ~」

『アッハッハッハッハ!!』

「ペ・ヨンジュン、ウォン・ビン、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホン」

『ハッハハハッハハッ!!!』



うっさいわ、おまえら!!


というわけで、、、
知ってる限りの韓国語を並べて状況説明してみたわけなんですが、ほんと疲れ以上にストレスも溜まりましたわ~。



まぁ、そんなこんなでかなり疲れた状態ではありますが、ゲームショー会場に入りましたよ。

やっぱり会場内も人人人人人人人人の嵐で大変だったんですが、、、


一番の目玉はとしては、やっぱりPS3でしたね。
本来であれば、PS3×Wiiになるはずだったんでしょうけど、任天堂が出展しないということでPS3ソフトのスクリーンの方にすごい人が集まってましたよ。

しっかし「出来る限り技術詰め込み隊」のSCEが作っただけあって、やっぱ映像はピカ一。
ちゃんと環境さえ整えれば、映画とかにも負けないような迫力がありました。
ただ、自分の16インチくらいのテレビでやる分には、すっごい手に余る気が、、、

まぁ、初期機体は○ボタンが凹む等、百害あって一利なし的な感じもするんで、しばらくは日和見ですな。



しかし、逆に出展をしなかった任天堂は少し肩をすかされたんじゃないですかねぇ?
本来であればPS3が7万近い金額で発売予定だったのが、社長自ら出てきて5万弱までの引下げを発表したわけですからね。
今回のSCE側の価格構想から任天堂が挽回するチャンスといわれていたわけなんですが、ちょっと難しくなりましたかね?

SEGAブースでWiiもちょっとだけ見ましたが、コントローラーにもかなりの違和感が、、、
だって、身体動かしながらってやってる姿見てると、傍目、すっごい恥ずかしく見えるんだもの。


個人的にはSCEの横暴ことPS3、7万円構想からの価格引下げによってゲーム業界滅亡の危機を免れたことを大変喜んでおります。






さて、他にもいろいろ面白いところはありましたよ。
例えば、有名著名人を何人か見かけました。

まずは、ハドソンの高橋名人。
ってか、名人はハドソンブースでずっとDJ的なことをしていたので、簡単に見つけることが出来たのですが、みんな知ってますかね、名人?
僕よりちょっと上の世代がまさに“ど”ストレートで、最近はほとんど露出もないですから、知らない人も多いのではないでしょうか?

まぁ、なんにせよ感想としては生の高橋は結構普通だったかもしれませんw
ただ、今でも尊敬はしてます!



それから、伊集院光を見ましたね。
これはCESAゲームアワード会場の司会をやってた時なんですが、いつもラジオで聞いてる伊集院像と全然違って、ショック!!
特にFF12がゲーム大賞を獲った時のインタビューは、なんだかなぁ、、、
ラジオであんだけぶっちゃけてたのに、、、大人って大変なんだね( ´_ゝ`)



でも、まぁ、自分としてもFF12の大賞受賞はギモン??
やってないから詳しくはいえないけど、正直スゴイよかったっていう感想を聞いたことがない。
ってか、脳トレの方がやったこともあるし、評判自体もすごくよく聞いてたから1つにしときゃいいのにと思ってたんですがねぇ(--メ)

これから先ずっとFFシリーズが受賞するようでは、日本ゲーム文化の先細りが、、、




まぁ、そんなこんなでいろいろ見て回ってきたのですよ。
ただし、ゲームの画面と同じくらいオネエチャンを凝視していた自分に若干の情けなさを感じてしまいました_| ̄|○


ってか、みんな見るよね?

あと、いつか魔界村のカッコをして会場を歩き回ってみたいなぁ~(´・ω・`)
もちレッドアリーマに一回ゴツンってやられた後の状態ねd(´ー`)



スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oshimax.blog76.fc2.com/tb.php/2-73b23f2d
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。