プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ワールドカップ2
ども。
高校までブリーフが清純派と勘違いしていたものです。




気付いたら、6月も中旬ですね。

ほいで、今さっきカレンダー見ながらワールドカップが始まってからの自分の行動を思い起こしてたんですが、、、








見事に就職活動を1回もしていない!!!!、っと。










、、、。



















マジウケる~~(´,_ゝ`)プッ

いやいや、笑ってる場合ちゃうがなw
ただ、悲しいけどこれ、現実なのよね~(´・ω・`)






もちろん、就職活動をやめたわけでないのですよ?
あんま話してなかったですけど、某社から内定をもらったりとW杯前まではかなり精力的に活動を行ってきてましたし、、。

でも、そこで内定もらって初めて気付いたんです。
納得してる会社じゃないと受かっても意味がないと、、、。




で、選り好みできる立場じゃないんですが、めんどいしお金も嵩むので1社ずつ受けることにしました。

人生ナメてますね~♪







---------------------



さて、前置きもほどほどに本題へ。
前回の続きなので、GLのFとGの解説でしたかね?
やっていきましょう。





ぐるーぷF。

まず日本の方から展望しましょう。


正直ヤバイですね。
ぶっちゃけ、今の時点で7,8割で敗退の可能性が高いです。
前回のガーナについての時も申し上げましたが、日本は相変わらず決定力が低い。
ノックアウト方式の決勝Tであれば、それも多少カバーというか1点とって守ればいいという形で勝ちあがれるのですが、勝ち点他得失点も多く関わってくるGLでは決定力のなさは大きな問題です。


とにかくオーストラリア戦の感想とクロアチア戦の展望についてウダウダ書くと長いので、箇条書きにして下に書きます。


・オーストラリア戦
川口、調子に乗った感アリのパンチングミス
茂庭、流れについていけず2失点目のマークミス
高原・柳沢、再三のチャンス生かせず親父激怒
中田・福西、キューウェルを大いに前に向かせる
ジーコ、遅いしそれは違う
中沢・宮本、終了直前までとても良く頑張った。3点目の時だけ崩れたがあれはしょうがない



・クロアチア戦
DFは第1戦並にくっついて前線のプルソ等へ簡単にキープさせない
キーマンのクラニツァルをフリーで前を向かせない
サントスとスルナのマッチアップが不安
FWはあわてずに冷静にシュートを打つ
あとはとにかく頑張る




以上ね。





で、一方そのクロアチアですが、所詮ブラジルに1点差で敗れました。
試合内容自体はともに低調で見所に欠ける試合展開。
特にブラジルは私が指摘したFWの調子の悪さが際立った試合でした。
現地でロナウドを研究したいと言っていたナカヤマさ~んもおっしゃってましたがとにかく走らない!
で、パスが来ても収まらない。
事実上ほぼ10人に近い形での試合運びになっていました。
なんつーか、ロナウドも1年半くらい前はまだあの体重で走らなくても点は決めてたんですよね。
シュートはほぼ枠内で強烈だし、ドリブル突破も昔とは違う力強さとテクニックで止められない突破力がありました。
しかし、今シーズンはその止められない感じとかシュートを決めるという何か確定感があったものがほとんどない活躍しか出来ていませんでした。
確かに数字だけ見れば23試合で14ゴールはとてもスゴイ数字に見えますが、PKなんかもありましたし得点以外の働きはないのでねぇ。
でも、まったく点を決めないかというとそれは的外れだし。
う~ん、判定が難しい。


一方クロアチアは両サイドが抑えられたため攻撃がなかなか微妙でした。
惜しいシュートも少なかったし、それ以前のいい崩しも少なかった。
コバチ兄の退場はやっぱり痛かったみたいですね。
彼は攻撃も出来ますからね。
しかし、相変わらず決定的な弱点も見当たらずな感じではありました。
強いて言うならミドル以上のシュートかな?
カカが決めてたところらへんからのシュートは、ブラジルもなかなか多かったですしね。








ラスト、グループG


フランスは一体なんなんでしょうか?
アンリがホントに代表で輝かない。
相性悪いのかなぁ?
むしろ、ジダンで攻撃を組み立てるのではなくてアンリ中心のチームを作ればいいような気がしなくもない。


スイス。
結構イイチーム。
トルコを倒して上がってきたチーム。
手堅いチーム。
頑張りましょう。


韓国。
勝ち上がられるのは癪だが、アジア枠が狭まるのも御免。
難しいチョイス。
安貞桓が意外と元気そうで、、、。
ミス韓国?と結婚。


トーゴ。
アンゴラみたいなチーム。
守ってカウンター。
初出場のアフリカらしいチーム。





書いてるうちに疲れちゃったのでおしまい。



スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oshimax.blog76.fc2.com/tb.php/32-3a63e4f9
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。