プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ
20061019152531.jpg


さて、差し迫ることⅩデー!
プロフィール写真もノイビル大帝に変えたところで、久しぶりに大真面目に書きます。
そのため最近は文学的で逆に意味のなかったタイトルも、今回は意味そのままという形です。




さて、初めてサッカーのことを書きますが、何から書けばいいんでしょうかねぇ?
優勝国予想とかってな野暮なことはしたくないなぁ。

ってか、大外ししたときに赤っ恥を書きたくないですからね。
とりあえず、書きたいこと書いてきましょう。

ただし、一般論とは逆のことを書くと思いますが、あしからず。
それでこそ面白い文章だとも思いますしね。






で、しょっぱなはブラジル。

世間一般様では、ロナウジーニョだとかマジコカルテットだとかってなんやかんやでブラジルがもてはやされていますが、果たしてそんなにも強いんでしょうか?


私の予想では対戦国次第ではあっさり姿を消す可能性もあると思っています。

その根拠は、いろいろな雑誌でも書かれていますが、やはりディフェンス力の問題があるでしょう。

そしてその中でも特に左サイドの脆さというものが浮き出てくるでしょう。


ブラジルの左サイドは、主にロベルトカルロスとロナウジーニョが担当していますが、ロナウジーニョは所属チームのバルセロナでもわかる通り、ただ一人自由を与えられた選手。
そして、その自由の中にディフェンスという文字はありません。
ということは、その重圧はすべてロベルトカルロスにかかってくるということ。

しかし、ロベルトカルロスもすでに老齢で1試合の中で守備・攻撃を両方こなすことは稀であり、現にレアルでも自分のサイドが良く狙われるためほとんど上がることがなくなってきています。




その他にもブラジル敗退の要因として、W杯が近づいて以来点が取れないアドリアーノや走らないロナウドなどがあります。
これらの点から私は今のブラジルはかなりムラのあるチームではないかと考えています。


ボールをポゼッション出来れば相手が組織化されたチームでも今のブラジルなら90分の中で個々の力で打開することもあるでしょう。
しかし、逆にボールをポゼッションされ続けるとまったく別のチームになるのではないでしょうか?

そこらへんで、中盤のカカー・エメルソン・ゼロベルトあたりに過重な負担がかかってくることが予測されます。



となると、F組を楽に勝ち抜いたとしても決勝Tに入ってからの相手がE組のチーム。
ポゼッション率の高いチェコや持たせて速攻のイタリアを崩せるかというといささか疑問が残りますね。


また、準決勝まで行かないと当たる確立はないですが、オランダなんかと戦った場合、案外醜態をさらしそうな気がしなくもないと思っています。




続いて、GL展望をば。

大体決まっているA・B・D・G・Hは割愛。

残りのC・E・Fの展望を書きますね。


その中でも特にE組は一番難解なグループですね。
チェコ・イタリア・アメリカ・ガーナと、若干ガーナが落ちる感じはしますが、実は自分が今大会で一番注目しているアフリカ代表がガーナなんです。

ガーナって意外といい選手いるんですよ?
それも特に中央のラインに欧州で活躍している選手が数名いますからそれなりにやってくれるとは思っています。

まぁ、それでもGL敗退は必至と呼んでいますが、、、



後の3チームはすべて戦術と組織がしっかりとしているチームですから、なかなか予想が難しいですね。
タレント力ではイタリア、最近の戦績ではチェコ、組織と連携ではアメリカ。

と、まぁ、それぞれ秀でている部分はありますね。

個人的には伊達男軍団が負けてくれれば一番嬉しいかな。






そして、もう一つの死のグループと呼ばれているC組。


自分はここは固くオランダ-アルゼンチンが抜けると思ってます。
ここ最近の戦績もいいですし、面白いサッカーしてますんで是非上がってきてほしいですよね。


じゃ、他のチームはどうでしょうか?

まず、スペインを抑えて1位で上がってきたセルビア~。

・・・う~ん、いい選手はいるんですけど、ちょっと年齢が高め、、かなぁ?
そうなると短期戦に向かない気もしますしねぇ。

第一、スペイン自体はリーグはよくてもスペイン国というチームとしてのまとまりはかなり薄いチームなので、あまりアテにならないデータですのでねぇ。
民族が違う分自己中な選手が多いし、まぁその分いい選手が出やすいというのはあるんでしょうけど、世間が騒ぐほどでもないかと。
スペインの話ではないので、ここいらでやめときますが、、、


個人的にはミロセビッチがどれだけ活躍するのか見たいかな?
去年のレアルとの1戦目のときの彼はすごかった!


で、コートジボワールですが、、、
世間がチェルシーチェルシー言ってドログバをもてはやし始めたあたりから大っ嫌いになっていて(ミーハー嫌い)「正直来ねぇーよ!!」と思っていたのですが、案外知ってる選手いたんだねぇ。


確かに侮れなさそうな力は持ってるかもしれないけど、やっぱ大したことはないと思う。


ってか、ドログバってそんなにいい選手か?
言っちゃあ悪いけど、個人的にはチェルシークラスじゃなくて、マルセイユクラスの選手だと思うぞ、俺は。
あと、性格も顔も嫌い!


だから、適当に頑張ってくれ。





そして、最後我が国のグループF。
ま、ブラジルは抜けると思いますが、ブラジルが落ちる気もします。
それもすべて日本次第。


わたしゃ日本は、おそらくクロアチアには黒星を喫すると踏んでいいますが、なんだかんだでブラジルとはいい勝負するんじゃないかなぁ~とも思っています。

だから全てはオーストラリア戦にかかってくるわけなんですが、ジーコ流丸裸をヒディングが見逃すかというとそうとも思えないのが痛いところ。



だから、結論としては日本が決勝Tに進む場合はおそらくブラジルは予選で落ちてます。
ただし、クロアチア・オーストラリアが抜けてく場合は、ブラジルも1位で通過してるでしょう。


だから、とにかく1戦目が大事!
オシムもいってましたが、この結果如何で日本の運命が決まるでしょう。




そして、最後に我がドイツですが(↓ドイツファン(非国民))


しゃべりたくありませんw
とりあえず、お願いだから頑張って!!
あ、あと、フートとノボトニーだけは出さないで!!

言いたいことはこれだけです。



それでは、本当に長くなりましたが、ご清聴ありがとうございました。






スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oshimax.blog76.fc2.com/tb.php/34-332ceaff
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。