プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも、友達?
今日は友達の学校の学祭に行ってきました。

学祭とは言っても、友達の学校は専門だしそんなにでかい所ではないのでこじんまりとやっている程度なのですが「とりあえず劇に出るから是非見に来い」ということなので、足を運びました。

友達の両親ともう一人の友達と合計4人で行ったのですが、私以外は去年も学祭を経験しているので、行く途中に去年のことをちょこちょこと聞いてみました。
すると、「基本的にアウェー」「劇ではキモいコールが起こる」など、早くもネタになる予感(まぁ、しとるんですが、、)

半信半疑ながら電車を乗り継いで駅に到着。
そこから、5分くらい歩いたところに学校があったのですが、、、






うーん、さびれてる!!

そして、盛り上がってない!!




どうやら間違った予測をしていたらしい。
予測では、普通の大学クラスの盛り上がりがあるもんだとばっか思っていたのだが、否。
へたしたら、中学の学園祭以下の盛り上がりだったかもしれない、、、


とにかく、入館!
その後、見るものもなくうろうろとしていたら自然と劇の時間になったので体育館に移動。
後ろのほうの席に腰を下ろして劇の始まりを待ちました。


座ってから10分程度経ち、前にある無数頭のせいでまったく画用紙が見えない状態での紙芝居が終わり、ついに友達の出番となりました。


ブザー、演目の紹介、拍手とともに幕が上がります。







(´,_ゝ`)プッ



幕が上がってすぐに連れ添いが言っていた言葉を理解しました。
この言葉を正確に伝えるには~~?

えーっと、あっ、これだ!!



それじゃいくよっ、せーのっ、、






















雑!!!





見事に答えが一致しました( ´∀`)

しかも、ただ“雑”なだけならともかく、全てが“イタイ方向に雑”なんですね(笑)


たとえば、



①背景を貼り付けられないためか、後ろのほうで背景を持っている人間が多数いるのだが全員上から顔を出している。

(注・こんな感じ↓)

  ○  ○  ○  ←顔 
  〈 〉 〈 〉 〈 〉 ←手
 ---------
|            | 
|   背景      |
|            |



②男女、配役の性別を逆にしているので基本キモい(友達はティンカーベル役でした)


③漫才風にナレーションをしていたのだが、ツッコミが鬼武者バリに棒読み

例・知ってるのかよ! 踊るのかよ! など


④途中、何の脈略も無いところで、友達がなぜか同級生らしきの男に突進!突き飛ばすも、客は当然、意味がわかるはずもなく思いっきりスベリ、会場ドン引き状態(個人的にはこのシーンが一番面白かった)


⑤相変わらず頭で前が見えない


⑥音響設備がないため声がほぼ聞こえない


⑦おばあさん役の服が東京都指定ゴミ袋





などなど、逆にツッコミ満載で楽しませていただきました。

私の周りも、おかあさんが子供のダッコする向きを急に変え始めたり、顔を伏せてちゃんと見れない人が居たり、横の方からリアルなトーンで「・・・もう・・・限界だろ」なんて声が聞こえてきたりかなり楽しんでたみたいで(・∀・)


いやぁ、今度友達に会ったら絶対台本貰おう(* ´∀`)








でもね?




ただ、一個気がかりがありまして、、、







なんつーか、その、、、、








こいつら、保育士なんですよねぇ、、、、






だからね、何が言いたいかってイイマスト、、、






これは、実は入ってすぐに思ってたことなんですが、









「コイツらには絶対俺の子を預けられない!!」









言いすぎなことはわかってます。
一生懸命な人もいるでしょうし、もしかしたら、お前性格悪いなって思われてしまうかもしれない。




でもさぁ!!
青のジャージの上から白い布をパッチワークしてドラえもんの格好してるやつとすれ違ってみ!!!
不安になるって!!!









ネタができて嬉しかったですが、本当は帰り道ほぼ途中までは無言でした。
小梅気分やな、、、



スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oshimax.blog76.fc2.com/tb.php/82-3272c6e2
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。