プロフィール

大島 大樹、

Author:大島 大樹、
小心者。
オオカミ少年。
時代の遡及行者。

コメントはとても嬉しい。
リンクフリー。
相互も受付中。
あとは、生きてますけど、何か?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大島道
いつも少し勇気が足りないアナタへ。 少しでも、勇気付けてあげられれば、、。    大島がお届けする、大島の大島による大島のための日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれが神様ならいなくてイイ!!
本日は、ワールドカップグループリーグ抽選結果発表だぜ!!ブラジルなんてぶっとばせスペシャル(出演 セルジオ越後・松木安太郎)をお送りする予定でしたが、放送予定を変更してお送りさせていただきます。
ご了承お願い致しますm(__)m


“無類のサッカー好き”の私がその意志を曲げてまで話したかったこと、語り継いでいって欲しかったこと、小一時間問い詰めたかったこと。
サッカーを超える感動がそこにはありました。


そう、それは、今日の夜のこと、、、、








今日も今日とてサタデーナイトだというのにやることのない私が、たまたまテレビをつけると日テレの「エンタの神様」がやっていました。
私はもともと「エンタの神様」、ってか日テレのミーハー層狙い自体が好きじゃないのであまり手をつけていませんでしたが、普段食わず嫌い的な感覚で批判してばっかいたのでたまにはじっくり見ようじゃないかと腰を下ろしました。

思えばこれが間違いだった。




始まってから数分後、とある芸人が現れました。
その名は「小梅太夫」!
すでに嫌な予感はいたのですが、自分なりの建前があるので小梅のネタを見たのですが、、、、、












(´Д`)
















なんだ、アレ!!!!!








もう一回いいましょうか?





なんだアレ!!!!




あー、今日ほどフォントが変更できなくて悔しかった日はないなぁ、、、
上のフォントを100にしたい!!!

あれほど見るのに体力使う芸人は久しぶりでした。


あぁ、マジ犯された気分だわ(´・ω・`)





でも、わからないのが会場の雰囲気なんですよね。
ヤツがチキショーっていうだけで会場が笑いの渦に巻き込まれるんですよ?
僕は、エンタはテロップ出しすぎで好きじゃないけどそれなりに面白いネタをやっている芸人もいるし、全否定はしないさ。

でも、あれはアリなの?
もしアリだとしたら、渡る世間には敵しかいないわぁ( ´_ゝ`)




まぁ、お客さん、今日はこれだけじゃないんですがね。


小梅に犯されてから、お風呂に、どうしてもお風呂に入らずにはいられなかったので、エンタフルコンプを挫折_| ̄|○
熱いシャワーを浴びにいったのですが、なんとなく後ろめたさが残っていたので風呂上り後もう一度トライしようと思い、風呂から上がった後部屋に戻りテレビをつけました。

すると、今度は「桜塚やっくん」という芸人が登場です。
またも、やな予感、、、、



















(;´Д`)














アイツ、だれや!!!












っていうと、思いました?


僕も、そんなワンパターンではないですよ(・∀・)

まぁ、相変わらず苦手なタイプではあるんですが、さっきがさっきだったのでまだKOにはなりませんでした。





しかし、ふと見ている間にある違和感に気づきました。
アレ、この人どっかで見たことなかったっけなぁ。
声もなんとなく聞いたことあるような
えーっと、誰だっけ、えっと、、、、、










あーーーーーーーーー!!!











あぁ、やっくん(つД`)







すべて思い出しました。

彼は、あばれヌンチャクの片割れでネタでは同じやっくんと名乗っている人でした。
僕はあばれヌンチャクはそんなに好きじゃありませんが、ネタはしっかりしてますしコントも出来るので小梅よりかははるかに上だと思うのですが!
がぁぁぁ、、、、(つД`)

なんだよ、桜塚って_| ̄|○


ってか、エンタ的にあばれヌンチャクじゃいけないの?
彼らはもともとエンタ向きの紙芝居式漫才でやってきた人たちなので、ピッタリだと思うんだけどなぁ、、、


しっかしパペマペのいじりようも酷いけど、やっくんは酷いなんてもんじゃないね。
ネタが客いじりしかしないっていう。
外道中の外道じゃん!




エンタさん。
あんまり若手芸人を不良債権にしないでください。



スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oshimax.blog76.fc2.com/tb.php/83-b9478843
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。